30代までの二重あご解消マッサージ

二重あごが気になっていてる。筋トレをしても姿勢を整えても解消できない時は直接マッサージをおこないましょう。

あごがたるむ原因は以下の通りです。

・皮下脂肪

・表情筋のたるみ

・顔のむくみ

・姿勢

・噛み癖など顎関節の異常

・老化よる肌や靭帯(じんたい)のたるみ

この中でマッサージが有効なのは顔のむくみと噛み癖です。

えっ! と思った方はおそらく次のことを思い出しているのではないですか?

・コラーゲンの減少で弾力が少なくなる
・ヒアルロン酸の減少で潤いがなくなる
・エラスチンの減少でハリを保てない

確かにそれらは二重あごの原因ですが、結論からいうと20代では考えなくてもよいのです。

その理由は、コラーゲンの減少で顔がたるみ始めるのは50代から、ヒアルロン酸は40代後半から減少し、エラスチンは50代で半分まで減少するといわれています。30代までは以下のことに気を付けてください。

1.顔のむくみ

2.筋肉の癖とたるみ

3.皮下脂肪

皮下脂肪は30代までは老けて見られやすく40をこえると若々しくみられるようになるのでダイエット記事を参考にしてください。

顔のむくみに対してはリンパマッサージについて別に詳しく解説します。本記事では筋肉のたるみと噛み癖の和らげ方を中心に紹介します。

 

スポンサードリンク


 二重あごへのマッサージ法

マッサージの効果は筋肉を和らげ血行を改善するとされています。気を付けて欲しいのは、表情筋を緩めすぎるとたるんでしまいます。しかし適度な強さ加減でおこなうと筋肉の弾力を回復をうながします。

ここではマッサージの方法と力加減を詳しく解説します。

マッサージで気を付けて欲しいこと

30代での二重あご対策の目的は、噛み癖でできた咀嚼筋(そしゃくきん)を緩めること。表情筋のたるみにはリフトアップ効果をめざします。

お風呂上りなど体を温めてからおこなう必要は特にありません。汗をかきやすく代謝が上がるので「痩せる」ことを期待してしまいがちですが過剰に期待しないでください。

汗をかいて顔が痩せるなら秋ごろには全員の顔が痩せこけているはずです。

そうならないのは「汗」以外に顎がすっきりする要因がありそれはマッサージのテクニックになるのです。

噛み癖に対するマッサージ法

噛み癖があると顔の筋肉にコリができてボリュームアップにつながります。やがて年齢的に筋肉がたるむとその時重くなたるみを悪化させることになるので30代では顔のコリをほぐしてたるみ予防を目指してください。

噛む筋肉は力強く硬くなると緩めるのはプロでも難しいのです。しかし100均などで手に入るボールを使うことで誰もが簡単に顔の筋肉をほぐすことができます。用意していただくものは柔らかいビニールなどでできた手のひら大のボール1つ。鏡を観ながらおこなうと効率よくおこなえます。

噛み癖の緩め方

1.筋肉の動きを確認します

手のひらを頬にあて歯を食いしばると動くのが筋肉です。肩こりと同じようなしこりをチェックする。左右で比べて大きな方を中心にマッサージしてください。

2.ボールを手のひらに乗せ頬を転がす

基本的にはあごから頬、下から上の方向にマッサージをおこないます。強く押してマッサージをおこないでください。

3.硬い筋肉の再チエック

1と同じことをくりかえして変化を確認してください。効果がでてくると顔の歪みにも変化が出てきます。

変化を感じるまで繰り返しおこなってください。

顔のリフトアップマッサージ

リフトアップマッサージは基本的には顎から頭に向けてマッサージをおこないます。

しかし、上げ過ぎるとあとは下げるだけなので口角や小鼻、目頭などピンポイントで肌を下げることが筋肉への抵抗になるので筋トレになるのでリフトアップ効果が期待できるのです。

フェイスラインを引き締めるマッサージ

仕上げはフェイスラインをスッキリさせるマッサージです。

やり方

指先の柔らかい所を使うマッサージです。

1.顎の骨を喉がわから触ります。

2.肌ごと喉に向けて押し込みます。

3.エラの部分から顎さきに進めます。

強くやると逆効果になります。単純な方法ですが実際の施術でも使って効果を実感しています。

30代までの二重あご解消マッサージのまとめ

二重あご対策は年代別でテーマが変わります。一般的にコラーゲンをはじめヒアルロン酸やエラスチンの減少が騒がれています。

気になるのはわかりますがこれらは40代後半や50代から起こる現象なので全員に当てはまる情報ではありません。

本記事ではこれらの減少が起こる前の30代の方に特化した二重あご対策として最適なマッサージ法を提供します。

 

マッサージで期待できることは以下の通りです。

1.咀嚼筋のしこりを緩める

2.むくみ対策

3.表情筋のリフトアップ

本記事では、咀嚼筋の緩め方と表情筋のリフトアップの方法を解説しました。

ステップ1

咀嚼筋(そしゃくきん)は緩みがたくテクニックが難しいので誰にでも簡単にマッサージができるよう柔らかいボールを使ってマッサージをおこないます。

ステップ2

表情筋のリフトアップマッサージは、顔全体の流れではあご先から初めておでこに向けて進めます。

しかし、口角や小鼻などのパーツに対しては肌ごと顎の方にさげて筋トレをおこないリフトアップを目指します。

ステップ3

仕上げにフェイスラインを引き締めて終わります。顎と喉にある筋肉を肌ごとずらして頬を筋トレします。指先で顎の骨の真ん中あたりを軽く押さえたまま肌ごと喉に向けて押し込みます。

 

顎のエラから初めて顎さきに進めてください。顔のむくみや顔の運動は別記事で紹介しています。

 

Of up to 30 generations double chin eliminate massage

The theme of double jaw countermeasure changes by age. In general, reduction of hyaluronic acid and elastin including collagen is being annoyed.

Although I understand that it is worrisome, these are not information that applies to everyone because it is a phenomenon that occurs from the late 40s or 50s.

In this article we will provide the optimum massage method as a double jaw countermeasure specializing in those in their thirties before these reductions happen.

What you can expect from a massage is as follows.

1. Loosen the lump of the masticatory muscle

2. Measures against swelling

3. Lift up of facial muscle

In this article, I explained how to loosen the masticatory muscles and how to lift up the facial muscle.

step 1

Masticatory muscles are hard to loose techniques, so massage is done using a soft ball so that anyone can massage easily.

Step 2

For lift-up massage of facial muscles, for the flow of the whole face, we will proceed towards forehead for the first time from the chin tip.

However, for parts such as mouth corners and nostrils, we aim to lift up by lowering the skin to the chin with skin and performing muscle training.

Step 3

It finishes by tightening the face line to finish.

Trace your cheeks by shifting your muscles in your chin and throat with your skin.

With your fingertips lightly holding around the middle of the bone of your chin, press your skin towards your throat.

Swelling of face and movement of the face are introduced in another article.

Translate google

スポンサードリンク



半額

2 Responses to “30代までの二重あご解消マッサージ”

コメントを残す