クリスマス太りを解消するダイエットの方法

年末は忘年会シーズンと重なり太るのがわかっていても食べてしまいます。 まだ大丈夫!と、思っていた数日前。 いまでは、、正月が過ぎてから痩せよう!と、思っていませんか? 先延ばしにすると春先から夏にかけて体形が隠せなくなると「服のサイズが合わない」など緊急事態になりかねません。 最小限の努力で体重を増やさない方法。 少しだけがんばって3キロ痩せる方法を紹介します。

続きを読む

冬太り解消まとめ

冬太り解消のまとめです。 冬ダイエットは、忘年会太り・クリスマス太り・正月太りなどを解消するための冬特有の減量法です。痩せる季節だとネット上ではいわれていますが実際には太ってしまう人、痩せにくい人が多いのはなぜでしょうか? 確かに冬には食べるイベントがたくさんある(12月にはクリマスと忘年会・1月にはおせち料理・2月にはバレンタイン)ので体重が増えてしまうのです。

続きを読む

お風呂でダイエット効果を高める方法

お風呂ダイエットの効果を高めるには代表的な4つの作用を自分のライフスタイルに合った入り方をすることです。 その作用とは次の4つです。 1つ目は発汗を促す方法。 2つ目は冷え性対策として基礎代謝を上げて痩せる方法。 3つ目が過食の制限 4つ目がむくみ対策 しかしこれだけ作用があれば毎日お風呂に入る人は皆痩せているはず。 そうでないのは、湯船につかるだ

続きを読む

ほうれい線を消すマッサージ9選

ほうれい線の解消法は一般的に以下の4パターンが知られています。 ・硬くなった筋肉をほぐすもの。 ・表情筋のたるみに対するもの。 ・リンパの循環にアプローチするもの。 ・化粧で見えなくする4つに分類できます。 しかし種類が多すぎてどれが自分にあっているのか迷います。顔の脂肪の対処法がないので本記事で付け加えました。 実際にケアをおこないやす

続きを読む

二重あごは姿勢を良くする筋トレとストレッチで解消しましょう

二重あごの原因の一つに姿勢があります。本記事では背筋を伸ばす筋トレとストレッチで二重顎を解消する方法を解説します。 はじめにあなたが本当に二重顎なのか判断していただきます。その理由は、顎がたれていることが気になる方がいらっしゃいますが、そのほとんどは心配のない場合が多いからです。余分な心配をしないためにも少し二重顎になる原因を一緒にチェックしていきましょう。 二

続きを読む

鼻にできる横しわと縦じわの原因と予防法

鼻のつけ根にできる横しわと縦しわ対策は、しわをつくる表情をやめることです。その理由は年齢的な原因よりも表情で作られるから。個人差はありますが40才を超えるとできてしまったら簡単に取れるものではありません。 20代なら化粧品を変えて目立たなくなったのを見せていただいたことがあります。30代からは、しわをつくる表情をしないことで,今以上深くしないことを優先してください。

続きを読む

食べる順番ダイエットをやってみた

食べる順番ダイエットは、食物繊維から食べ始め汁物、タンパク質、最後に炭水化物を食べることで緩やかに血糖値が上昇するので太りにくくなるダイエット法。 糖尿病患者や血糖値が高い人、血管障害の予防に注目されています。40代以降の人は見直し必須です。 食べる順番を変えるだけなので誰もが簡単にできます。 しかし、ネット上では効果がないという声もありどの情報が本当なのか僕自信で実験し次

続きを読む

目の下のクマ7種類の原因と見分け方

目の下にクマができた時に、年齢を感じると30代女性に教えてもらいました。 30代の見た目の老化は目元のしわから始まるので目の下に暗い色があると実年齢よりも年上に見えますし疲れた顔になります。 一般的には目の下のクマは3種類に分類されています。伝統的な医学では5種類。施術上は6種ですが、皮ふの健康状態を考えると7種類になります。 種類分けをしたのは、色ごとに解消法が変わって

続きを読む

目の下のたるみ解消にはツボ刺激と眼輪筋トレーニング

目の下の「たるみ」や「むくみ」を解消したい。と、思ってはいたけど以下のようなお悩みはありませんか? 老けたね~と言われてショックを受けた 実年齢より老けて見られる 年齢とともに目立つようになった 鏡にうつる疲れてる顔をした自分がとても辛い 「やっぱり手術しかないのか」と思って検索したけど、口コミはバラバラ。 どんな方法があるかもよく分からないけど

続きを読む

ランニングダイエット【急に足が痛くなった時の対処法】

ランニングダイエットで気を付けたいのは走っている時の脚の痛み。 痛むほどのことはなくても、引きつりそうなときがあったらそれは肉離れの前触れです。 ランナーの施術をしてきた経験から一番多いのが、「ふくらはぎ」あとは、足首からスネの筋肉、太ももの前、膝から内もも、股関節。など体の使い方で痛むところが違ってきます。 どこが痛くても、状態によってはダイエット計画も中断、もしくは動けな

続きを読む

スポンサードリンク