ほうれい線の原因とケアを徹底的に解説 Causes of nasolabial folds

ほうれい線とは小鼻から唇の端に伸びる線(シワ)。片方だけに出る場合や深くなることもります。しわの長さや深さ顔のたるみによって老けて見られるとして忌避される。

しかし、たるみがない場合は笑顔をともなうことで好印象を人に与えるが、たるみがあると見た目の老化がつよくなる。一部の人相学では小鼻の上からでると部下が多いとされる。

あなたがほうれい線を意識したのは何時からでしょうか?芸能人や友達のほうれい線をみて、絶対イヤだ!と思いましたか?それともある日鏡を見たら頬にしわを見つけてからですか?

このしわで目の年齢は大きく変わります。しかし笑顔でできるほうれい線は実年齢に関係なく素敵です。

そもそもしわが目立つ人と目立たない人の違いや老け顔の人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか?

メイクで目立たなくしようとしてもうまくいかない時は表情から変えていかないと見た目の印象は変わりません。

またほうれい線が目立つ原因も個人差があります。解消法も自分にあった方法が見つかるまで進行を抑えることすらできません。自分に合った解消法とはしわが目立つ原因で変わってくるのです。

そこで自分に合った解消法を見つけるためにほうれい線の原因別チェック法を詳しく解説しました。

そうすることで自分に合ったケアができるようになります。また見た目の印象が変わるまでの期間を短縮でき、自分の顔が嫌いといったネガティブな感情に左右されることが少なくなります。

一般的にほうれい線の原因は次の7つに分類されます。片側のほうれい線が目立つ理由と合わせて9つの原因になります。

ほうれい線の原因
1.筋肉のたるみ
2.むくみ
3.筋力低下
4.肌のたるみ
5.肌の乾燥
6.疲労や病後の体力低下
7.老化

片方のほうれい線が目立つ2つの原因
8.噛み癖
9.姿勢

実際にはこれらの原因が入り混じっているので自分がいまどのような状態なのか?それに合わせた効果的なケアをおこなうことを前提として読み進めてください。

 

スポンサードリンク


 

ほうれい線ができる原因

年代別に原因がことなります。ここではなぜ頬にしわができるのか?その理由に絞った内容です。

このことを意識できるようになると、20~30代ならほうれい線の予防、すでにしわができている場合は根本的なケアができるようになるからです。

1.表情筋のたるみの見分け方

筋肉がたるむと表情もたるみます。顔でチェックするのは次の5点です。老化現象少が出やすい順番に並べています。数が多いほど筋肉が垂れていると考えてください。

・目尻
・まぶた
・目の下
・ほうれい線
・口元

次に各パーツで注目して欲しい場所を解説します。

目尻:目尻から伸びるしわがたるんでいるのかチェック
まぶた:眼球が見える面積
目の下:たるみ具合
ほうれい線:しわの深さ。
口元:顎のたるみとマリオネットラインの有無。

ほうれい線を深くするのは筋肉のたるみと身体や顎の歪みです。上記イラストの①の場所に段差があれば筋肉のたるみを疑ってください。

2.顔のむくみの見分け方

むくみがあると判断するは、起床時にまぶたが腫れているもしくは顔全体が腫れぼったい時です。

ほうれい線と関係するのは顔の下半分のむくみです。ほうれい線をつくる頬に注目してしまいがちですが、頬の下(イラストの②の部分)に段差があれば、むくみもあると考えます。

皮下脂肪内に含まれる水分が多くなると重くなるので弛んでいます。

3.筋力低下

ここでいう筋力低下とは年齢的なものではありません。無表情で顔の筋肉を使わないことによる低下を意味します。主に頬の筋肉が低下してほうれい線を深くします。たるみとの違いは頬にボリュームがなく平坦になりがちです。

4.疲労や病後の体力低下

これは一時的なものが多いです。多忙や運動後、病後、無理なダイエットの後なら原因ははっきりしています。

問題は体力低下に気が付かないことが多いです。筋力低下と同じで頬の筋肉に力がなくなり平坦になります。見分け方は自然に笑えること。笑っても表情が柔らかいことです。

5.肌のたるみ

肌のたるみは年齢的なものが大きいです。個人差はありますが20~30代なら肌のたるみは気にしなくてもよいと思います。

むしろ顔のむくみで肌がたれているように感じます。70~80歳代で頬や口元が動くたびにプルプル震えていれば肌のたるみと考えます。

6.肌の乾燥

肌の乾燥でできるほうれい線は浅いシワです。コントロールできる原因としては睡眠不足があります。個人差はありますが20~30前半代なら充分な睡眠をとることで回復することができます。

季節的には秋から冬で空気の乾燥により起こることがあります。

夏場など日焼けでも起こります。特徴は筋肉のたるみなどでほうれい線が深いとき歯目立ちません。

深いしわとの違いは、しわの先端部分の枝分かれが細かければ肌が乾燥していうると考えます。

7.老化

マリオネットラインができれば老化を考えます。それは顔の筋肉などがたれないように保持していたじん帯がたんだからです。筋力低下や肌のたるみ、肌の乾燥など総合的にでています。

片方のほうれい線が深くなる原因

片方のほうれい線が目立つ原因は顔と体の歪みです。両方ある場合とどちらか1つだけの場合があります。ここでは噛み癖と体の歪みの2つの原因を紹介します。

8.噛み癖

片方の歯でばかり噛むとよく使われることで筋肉が発達し顎から頬にある筋肉が盛り上がります。また片方の筋肉に引っ張られ顎の位置が歪むとよく使う側のほうれい線だけが目立ちます。

9.姿勢

姿勢の傾きは前後と左右の傾き2つの歪みで顔の表情も変わります。前に傾けば猫背になります。頬のたるみなどと同時におこればほうれい線を深くします。片方に傾くと同じ側のほうれい線が深くなります。

ほうれい線の根本的なケアとは

ほうれい線の根本的なケアとは一般的なシワ対策のことではありません。しわができる原因に対してケアをおこなうことでしわを薄くしたり進行を遅らせたりすることを目的とします。

本的なケアとしわへの直接的な対処法を合わせるとより効果的なケアができるようになります。

1.筋肉のたるみが原因のほうれい線対策

頬の筋肉が発達すると笑った時のほうれい線が目立ちます。年齢的に筋力が落ちてくると頬の筋肉も弛みがちです。

30代後半~40代以降は筋トレをすると別の所にもしわができるので注意が必要ですが20代なら気にせず筋トレをおこないます。

それでも変わらない時は、頬の筋肉がこっていることが多いのでコリを見つけマッサージでほぐします。

2.顔のむくみが原因のほうれい線対策

病気や薬で顔がむくんでいない場合です。アルコールの量が多い人はできれが飲まない日を作るか量を減らしましょう。

旅行など長時間座りっぱなしでむくんだときは、尿意がそんなになくてもトイレに行くなどして動きます。

恥ずかしいとき歯足首の屈伸運動や座ったままで膝の曲げ伸ばしをして下半身を動かすことで顔のむくみを和らげることができます。直接的な対処法はリンパケアになります。

注意して欲しいのは強さ加減です。強く擦ると肌を傷めます。リンパを流すには軽くさすります。

3.筋力低下が原因のほうれい線対策

顔の筋肉のエクササイズをおこないます。20代~30代ならしわがエクサイズでできても一時的なものなので気にせずおこなってください。ただし、同じところをしつこくやりすぎ内でください。

顔の筋肉に癖ができるそれがシワの原因になります。ほうれい線の予防や薄くなればそれ以上おこなわないようにしましょう。

4.疲労や病後の体力低下が原因のほうれい線対策

長期間の疲労は生活習慣の見直しで睡眠時間や休みを遊びのよていよりも先に決めてしまうのがコツ。病気の場合は早く回復させることに集中しましょう。

疲労がたまると無表情になりやすいので時には顔の筋肉も動かすように心がけてください。

直接的なケアは表情が暗い、無表情だと感じたらマッサージでほぐします。このとき気を付けて欲しいのはマッサージの速さ。いたわるようにゆったり静かにおこないます。

5.肌のたるみが原因のほうれい線対策

20~30代は肌のたるみよりむくみ対策になります。

6.肌の乾燥が原因のほうれい線対策

年代にもよりますが睡眠不足なら睡眠時間を1日の予定にいれておきましょう。季節的な空気の乾燥は保湿液などで乾燥を予防ます。

直接的なケアは肌のプッシュアップになります。ゆっくり押して少し早めに力を抜きます。個人差はありますが数回で指先がしっとりしてきます。

7.老化が原因のほうれい線対策

本当の老化を遅くするには食べ過ぎ飲み過ぎ夜更かしなど一切やめましょう。人間関係も円滑になるよう心がけてください。

都会に住んでいたらたまには緑の多い場所でリフレッシュします。食事制限ではありませんが空腹を感じるぐらいの食事量が理想です。見た目年齢を保つ直接的なマッサージは次の手順でおこないます。

①顔全体のコリをほぐす。顎からこめかみを中心に。 

②気になる部分のマッサージでコリをほぐす。 

③肌のプッシュアップ 

④リンパケアでスッキリ 

⑤背筋を伸ばし顔の筋肉に負担をかけないようにします。

①~⑤を週に3回は続けてください。

ほうれい線の深さが違うときの対処法

ほうれい線の深さの違いは歪みと筋肉のアンバランスで起こります。それを整えるのは次の3段階で対処します。

①体の歪みを整える

②深い方のしわを目立たなくする

③両方のしわを薄くする

歪みに関してはその度合いによって自分でケアできないほど悪いときがあります。

自分でケアをおこなって効果がなければ専門家に任せたほうが良いときもあります。ここでは対策があることをお伝えします。

8.噛み癖が原因のほうれい線対策

割りばしを噛む方法などありますが実際には首の捻じれも関係します。自分ではコントロールできない時は整体で整えてもらいます。食べるときに意識することが一番効果的。マッサージは次の手順でおこないます。

①顎まわりの筋肉が盛り上がっている側を中心にコリを見つけてほぐします。 

②ほうれい線から頬の筋肉に向けて(ほうれい線に直角に)マッサージをおこないます。 

③笑ってみてほうれい線が左右同じになればエクササイズをおこない筋肉バランスを整えます。

9.姿勢が原因のほうれい線対策

全身の姿勢と顔の歪み対策をおこないます。猫背の人は背筋を伸ばす。横に傾いている時は体を傾けにくい姿勢のままストレッチをおこないます。

一度に姿勢を整える運動やストレッチをおこなうよりも1回に数分でよいので何度も姿勢を整えるようにするのがコツ。

姿勢が整わないと顔の歪みはすぐに戻ります。直接的なケアは噛み癖のケアと同じで顎のまわりで硬くなった筋肉をほぐしてからエクササイズをおこないます。

ほうれい線の原因とケアのまとめ

ほうれい線とはたるみがあれば実年齢よりも老けて見えるシワ。たるみがなければ、しわがあっても年齢的なものを感じません。見た目の老化は、たるみが関係する。

そもそもほうれい線ができる原因とは何なのか?一般的にほうれい線の原因は次の7つに分類されます。片側のほうれい線が目立つ理由と合わせて9つの原因になります。

ほうれい線ができる7つの原因
1.筋肉のたるみ
2.むくみ
3.筋力低下
4.肌のたるみ
5.肌の乾燥
6.疲労や病後の体力低下
7.老化

片方のほうれい線が目立つ原因は次の2になります。
8.噛み癖
9.姿勢

これらの原因は年齢別に予防法・解消法が違います。ここではシワに対するケアに絞って解説しました。

自分の状態を把握してその原因に対して対処すれば根本的な解消法ができます。そのためには原因を分類し最適な解消法をおこないます。

1.筋肉のたるみの根本ケアは顔の筋トレです。30代後半~40代以降になると筋トレが別の所にもしわを作るのでやりすぎないようにします。

2.顔のむくみの根本ケアは、アルコールの量が多い人はできれが飲まない日を作るか量を減らしましょう。

長時間座りっぱなしなら足首から下を動かすことでむくみを和らげることができます。直接的な対処法はリンパケアになります。注意して欲しいのは強さ加減です。強く擦ると肌を傷めます。リンパを流すには軽くさすります。

3.筋力低下
顔の筋肉のエクササイズをおこないます。20代~30代ならしわがエクサイズでできても一時的なものなので気にせずおこなってください。ただししつこくやりすぎると顔の筋肉の癖がつくので若くてもシワの原因になるので気を付けてください。

4.疲労や病後の体力低下
長期間の疲労は生活習慣の見直しで睡眠時間や休みを遊びの予定よりも先に決めて生活リズムを作り体力を早く回復させることに集中します。

5.肌のたるみ
20~30代は肌のたるみよりむくみ対策になります。

6.肌の乾燥
年代にもよりますが睡眠不足なら睡眠時間を1日の予定にいれておきましょう。空気の乾燥は保湿液などで予防ます。直接的なケアは肌のプッシュアップ肌に潤いができてきます。

7.老化
本当の老化を遅くするには食べ過ぎ飲み過ぎ夜更かしなど一切やめましょう。

片方のほうれい線が目立つ2つの原因
8.噛み癖
食べるときに意識することが一番効果的。自分ではコントロールできない時は整体で整えてもらいます。セルフマッサージは次の手順でおこないます。

①顎まわりの筋肉が盛り上がっている側を中心にコリを見つけてほぐします。 

②ほうれい線から頬の筋肉に向けて(ほうれい線に直角に)マッサージをおこないます。 

③笑ってみてほうれい線が左右同じになればエクササイズをおこない筋肉バランスを整えます。

9.姿勢
全身の姿勢と顔の歪み対策をおこないます。一度に姿勢を整えるよりも背筋をのばすことやストレッチをこまめに何度もおこなう方が姿勢は良くなります。セルフマッサージは噛み癖と同じです。

Summary of Causes and Care of Nasolabial folds

Wrinkle lines are wrinkles that look older than actual age if there is sag. Without sagging, I feel no age when there are wrinkles. Sluggishness is related to apparent aging.

What is the cause of the vile line in the first place? Generally speaking, the cause of the line is classified into the following seven categories. Together with the reason why one side virtually noisy line stands out, it becomes the cause of nine.

Seven causes for spy line
1. Muscle sag
2. Swelling
3. Muscle weakness
4. Sagging of the skin
5. Drying of the skin
6. Fatigue and physical strength decrease after illness
7. Aging

The cause of conspicuous one of the gauge lines is the following 2.
8. Chewiness
9. Posture

These causes differ from age prevention method and resolution method. I focused on care for wrinkles and explained it here.

If you grasp your condition and deal with the cause, you can do a fundamental solution. For that purpose we will categorize the cause and perform the optimal solution method.

1. The fundamental care of sagging muscles is a facial muscle training. When late thirties to 40s and onwards, muscle treks make wrinkles in other places so that they do not overdo it.

2. People with a large amount of alcohol make a day that can not be done without reducing the amount of basic care of facial swelling. You can relieve swelling by moving under the ankle if you are sitting for a long time. A direct countermeasure is lymphatic care. It is strength adjustment that I want you to note. Rubbing strongly will damage your skin. Rinse lightly to drain the lymph.

3. Muscle weakness
I exercise my facial muscles. Even if wrinkles can be made by exercise in the 20s to 30s, please do so without worrying it is temporary. However, if you do too persistently, you will get a habit of facial muscles, so be careful as it will cause wrinkles even if you are young.

4. Fatigue and physical strength decrease after illness
Long-term fatigue concentrates on making sleeping hours and holidays ahead of schedule of sleeping by reviewing lifestyle habits and making life rhythm earlier and recovering physical strength earlier.

5. Sagging of the skin
Twenties and thirties will be more swollen than skin sagging.

6. Drying of the skin
Depending on the age, if sleep is insufficient, let’s put the sleep time in the schedule of one day. Drying of air is prevented with moisturizing liquid and so on. Direct care will moisturize the skin’s push-up skin.

7. Aging
To delay real aging, eat too much, drink too much, let’s stop staying up late at night.

Two causes that one of the galvanic lines stand out
8. Chewiness
It is most effective to conscious when eating. When you can not control by yourself, you will arrange it with your body. Self-massage is done by the following procedure.

① Find the cori around the side where the muscles surrounding the jaw are raised and relax. In case

② Massage from the gauge line toward the cheek muscles (at right angles to the line). In case

③ Try laughing and exercise if you have the same left and right lines of rail and prepare muscle balance.

9. Posture
We will perform whole body attitude and countermeasures against distortion of the face. The attitude is better for stretching the spine and stretching more frequently than doing the posture at once. Self-massaging is the same as chewing.

Related articles related to Lawn Line

スポンサードリンク



半額

コメントを残す