【20代までには欲しい】涙袋の作り方をわかりやすく解説!

涙袋の作り方を10代と20代それぞれの方法を解説します。
涙袋とは、目の下がぷくっと膨らんでいることです。
目の下のタルミの場合は2~3段になっているので簡単に見分けられます。

この涙袋があると、見た目が今よりも美しくなる。
目にあらわれる表情が豊になり若々しくなります。
見る角度によっては、色っぽくみえます。
目元がはっきりするので大きく見えます。

この涙袋。欲しくてもできない人がいます。
美容整形で10万円前後の費用がかかるところもあります。

手術を避けたい、費用を節約したい。自分でケアしたい方のために涙袋を自力でつくる方法を解説しています。

スポンサードリンク


涙袋は簡単にできるのか?

いろいろな方法を試してうまくいかなかった方。
人によっては、手術をするほどのことを簡単にできるのか疑問に思っていらっしゃると思います。
確かに、人によっては手術以外の方法しかないかもしれません。

他の方法をはじめから試された方もやり方が強すぎたり、回数が少なかったり効果が出ない理由があったかもしれません。

本記事では、セルフケアを効果的にできるよう、強さ加減はもちろん、効果が出るときの反応を余すところなく公開します。
コツさえわかると意外と簡単にできるのです。

10代の涙袋の作り方

10代で涙袋をつくるには、筋トレが中心になります。
成長期なので顔も変化しやすい時期なので、この時期に筋トレをしておくと長持ちしやすいでしょう。

おすすめなのは、ピースサイントレーニングと呼ばれる二本の指で目頭と目尻を抑えたまま下まぶたを閉じる方法です。

ウィンクや瞬きを早く行う方法よりも、ピンポイントで鍛えられるので鼻に横シワなどができにくいメリットがあります。
デメリットは、下まぶたを閉じるのがうまくできない場合があります。

10代向けトレーニングで涙袋を作る方法

下まぶたを上手く動かせないとトレーニングの効果はありません。
なので初めに下まぶたを動かせるようにしましょう。

涙袋を作る方法の一つに目を細めるとトレーニングがあります。
この動きをほんの少しだけ行います。

鏡をみながら目をゆっくり細めていきます。
下瞼が動いているのが確認できたら3~5秒動きを止めます。

このトレーニングの目的は、下瞼の動きが意識できることです。
動きを意識できたら目を細めるのはやめてください。

ピースサイントレーニングで涙袋を作る方法

ピースサイントレーニングと言われている方法を紹介します。

手順は次の通りです。

① 片方の目の目頭と目尻を人差し指と中指で軽く触れます。
② 両サイドに少しだけ開きます。
③ ゆっくり下まぶたに力を入れます。

この時、下まぶたがうまく動かない時は、目を細めたトレーニングを思い出してください。
上のまぶたが閉じてきても問題ありません。(もともと閉じるから)

これをもう一方の目にも行います。

涙袋の作り方がうまくいかないとき

人によっては、高校生ぐらいまで、目が腫れぼったい人がいます。
寝不足や、内蔵の働きがまだ大人になる途中でむくんでしまいやすい場合があります。

寝不足の人は生活習慣を少しづつ変えてみてください。
よく食べてよく飲むことは10代なら我慢せずにいて欲しいのですが、運動していないとむくみや肥満になります。
その時はお菓子やジュースから減らしてみてください。

涙袋と食欲を比べてどちらを優先させるかで結果が変わります。

早く寝て運動もしているのにむくみが取れない場合はもう少し様子を見てください。
慌てることはありません。

絆創膏で涙袋を作るから好きなことをしたい

目の下にシワを作って涙袋を作るのに絆創膏を貼る方法があります。
確かにできますが、大人になってもそれが良いかは別問題。

目の下のシワはセルフケアでは取れないことが圧倒的に多いのです。
自然に小じわができてくるしその時になればきっとシワは1本でも少ないほうが良いと思うはず。

時間がかかっても自然な涙袋をつくって欲しいと思います。

20代の涙袋の作り方

20代で涙袋を作るには、頬のたるみ対策が有効です。
仕事などでパソコンやスマホ操作が増えるとうつむくことが多くなります。
長時間勤務などもあり頬の筋肉もたれてしまいがち。

頬のたるみは、涙袋を引っ張るのでぷっくり膨らまないことが多いのです。
この他にほうれい線を作る原因にもなります。

涙袋をつくるだけでなく老け顔予防にもなるので早いうちからケアしておくことをおすすめします。

涙袋の敵!頬のたるみ対策

頬のたるみ対策は口元と頬にある筋肉を柔らかくします。
柔らかくするとたるんでしまいそうですが、実は筋肉の弾力がなくなるほどたるみやすいのです。
あとは、ストレスなどで表情がこわばっても弾力がなくなり、顔全体がずり落ちてくるイメージです。

涙袋を作るときの頬の緩め方

頬の緩め方を解説します。

① 顎から口角の硬いところを優しくマッサージ
② 口角から頬骨の間の硬いところをゆっくりほぐします。
③ 頬骨から目尻に向けてほぐす
④ 噛む動作をして頬で動く筋肉をほぐす。

ほぐし方はどのような方法でも構いません。
基本は、図のように回しながら移動させます。

【20代】涙袋の作り方の仕上げ

頬のリフトアップだけでも涙袋ができる人はいます。
できない場合は、直接筋トレを行います。

おすすめはピーズサイントレーニングです。
10代でのトレーニングでも紹介しています。

目尻と目頭を中指と人差し指で広げ、少しだけ目を細めます。
両手の人指し指を使ってもかまいません。

注意して欲しいのは次の2つ

① コンタクトを触らない。
② ネイルで眼球を傷つけない

指を立てても横にしてもよいので、軽く両端に突っ張るイメージです。

まばたきトレーニングやウィンクトレーニングは強くやりすぎると目の周りにシワを作るので本ブログではおすすめしていません。

この他に涙袋をメイクで作る方法があります。
涙袋ができれば、不要なので割愛します。

【動画】涙袋がどうしてもできない人が簡単に自作する方法

涙袋を直接作ろうとしてもうまくできないのは、頬がたるんでいることが多いです。

20代までならこの動画のやり方だけで、涙袋ができる人もいますのでお試しください。

涙袋の作り方のまとめ

涙袋の作り方を10代と20代別で解説します。

10代の涙袋の作り方は筋トレがメインになります。

ピースサインのように指を広げ目頭と目尻を軽く引っ張ったまま目を細めます。

涙袋ができにくい原因にむくみがあります。

成長期なので、水分代謝もその過程の場合がおおいのでマッサージで無理に流さないでください。

絆創膏で涙袋を作ると目の下にシワができます。

大人になっても取れないことが多いので絆創膏はお勧めできません。

 

20代での涙袋の作り方はたるみ対策がメインになります。

無理な筋トレは目尻にシワができやすい。

なので目を直接鍛えるピースサイントレーニングがおすすめです。

パソコン作業が多く俯くことが多くなると頬のたるみが起こります。

頬のたるみが涙袋を下から引っ張るので頬のたるみを整えることを奨励します。

 

動画で、頬のたるみ対策を解説しています。

頬のたるみは、疲れ顔やほうれい線の原因にもなるので、早い段階からたるみ対策はしておきましょう。

How to make a tear bag

I will explain how to make a tear bag by teenager and twenties.

Muscle training is the main way to make teens tear bags.

Expand your fingers like a peace sign and narrow your eyes while lightly pulling over the inner corner and the outer corner of the eye.

There are swelling in the cause that tear drops are difficult to be made.

Since it is a growing season, so do not forcibly drain water metabolism by massage because it is a case of that process.

If you make a tear bag with a bandage, you can wrinkle under your eyes.

I can not recommend a bandage because there are many things that I can not take even if I become an adult.

How to make a tear bag in your 20s

Unreasonable muscle tray tends to wrinkle in the outer corner of the eye.

So we recommend peace sign training that directly trains eyes.

As PC work gets more depressed, cheek sagging will occur.

Cheek sag slacks the tear bag from below and encourages cheek slack preparation.

In the movie, we are discussing cheek slack measures.

Cheek sagging can also cause fatigue faces and rail lines, so let’s take measures against sagging from the earliest stage.

スポンサードリンク



半額

コメントを残す