30キロダイエットに成功3ヶ月で痩せた方法

30キロダイエットを成功させた食事制限

食事制限は食べ過ぎていた分だけ減らすだけにしました。好きなものを好きなだけ食べても痩せることできます。それは早く満腹感を感じる工夫をしたからです。

はじめ食事を制限するにもどれだけ減らせばよいのかよくわかっていませんでした。それがわかるまではカロリー重視の無理な食事制限をしていました。妻がカロリー計算をして管理してくれたのは楽をさせてもらったのですが献立が「6個入りのロールパン1袋」と「サラダにハム」「肉入りのみそ汁」というものに落ち着いてきました。

 

肥満による健康診断をうけてから1ヶ月後、再度の血液検査を受けた結果は体脂肪など引っかかっていた数値が正常になっていたので医師にも褒められました。

どんな食生活でしたか?と、医師に質問され嫁がありのままを告げると基礎代謝量を大幅に超える食事制限だったのでドクターストップ。

 

それからは、和食中心で平均的なカロリーの食事内容になりやがて好きなものを食べましたが体重は減り続けました。食べ過ぎていた分を減らすだけでそれ以上我慢しなくてもよいことがわかりました。食事制限以外にはお菓子や間食は一切やジュースは飲まずコーヒーに砂糖を入れるのも止めブラックに変えました。

 

やがて食べる量を増やしても体重が増えないことに気が付きました。ムリな我慢をしなくても満腹になるまで食事を楽しめるようになってのです。

 ダイエットを体験してわかったこと

食事制限は、 食べ過ぎた分だけ制限する。

本当に痩せる気があるなら間食は絶対に食べない

3食→2食にするは間違い、1日3食の方が太らない

食事量制限を成功させるには

食べるのを我慢すのは正直つらいです。でも食べ過ぎている事実を確認できればそれは努力ではなくなります。その方法はダイエット前の1日分のメニューを書き出してみる。書き出すと食事量が実感できます。

 

太っていたので摂りすぎ理解していましたがそれらのカロリーや食べたらどうなるかを無視していたのです。だから、どんどん食べ続けました。食べ続けられたから食事量を無視していたのかもしれません。

ダイエットを体験してわかったこと

食べ過ぎを確認すると食事量も制限できる。食べているものを書き出すと 太っている理由に納得できます。

積極的に食べる量を制限しやすくなりました。

たくさん食べたいんじゃない!満腹感がないと落ち着かない

紙に書き出すと、一日の食事量がひと目でわかります。そして食べすぎているのを実感します。ピーク時の食事量は、昼は近所のスーパーでお弁当とコロッケ類2コ。ランチに行けば、大盛りに単品でおかずをつけないと気が済みませんでした。

 

夜は、コンビニ弁当2つ牛乳500m、ヨーグルト250ml、アイスクリーム1個。朝は、晩御飯が遅く缶コーヒー1~2本で済ませていました。給料のほとんどを食費で使う残念な生活をおくっていました。すべては、満腹感のために

ダイエットを体験してわかったこと 

食べすぎてしまうのは、 食べたいからではなく満腹でないと気が済まないからリバウンド予防になるので 意識してみてください。

消費カロリーを計算したら満腹になるのが怖い

98キロの僕が4キロを1時間かけてあるくと257Kcal消費したことになります。おにぎり100gのカロリーが179Kcalと言われています。1個食べたら1時間は歩かないといけません。1時間歩くなら食べない方が楽!うかつに食べるとそれ以上運動しなければならないので満腹が怖くなりました。

ダイエットを体験してわかったこと

食事制限と運動量を比べると太りすぎていれば食べるのを我慢する方が楽なのです。

次ページからは食べ方を工夫しただけでお腹がいっぱいになった方法です。

スポンサードリンク



半額

コメントを残す