運動ダイエット

運動しても汗をかいても痩せないのは食べるからだけではありません。

じっとしていてもカロリーを表皮する基礎代謝(きそたいしゃ)量が増えないと体重は落ちないのです。

体が引き締まり体重が落ちやすくなるコツを紹介します。

運動ダイエットを効果的におこなう

体質にもよりますが、運動しても痩せない理由は基礎代謝量と関係することは先にお話ししました。

ではどのようにすれば、痩せるのか具体的な方法を簡単にまとめました。

早く動きとゆっくりな動きを交互におこなってください。
基礎代謝を効率よく高めるのが目的です。

・早い動きは体を温め
・ゆっくり全身動かして基礎代謝を高める。

早い動きは、短距離走やボクササイズなどスグに汗をかきやすい反面息を止めてしまいやすいのが特徴です。

ゆっくりな運動は、散歩・水泳などの全身運動です。呼吸があまり乱れません。

基礎代謝量を高めるには、運動と呼吸をしっかりするのがコツになります。

汗をかいても痩せないのは運動にたいして呼吸量が少ないのでしょう。

交互におこなうことで短時間の運動で引き締目ることができます。

運動したのに太って体重が増えた

部活でバレーやバスケットをした女性から近医く太りの痩せ方をよく質問されます。

運動しているのに太る典型的な実例です。
※個人差があるので必ず太るスポーツという意味ではありません。

サイズが太くなるのは、筋肉が発達したから。
そのかわりジャンプ力やスタミナがついたと思います。

太るのは筋肉量が増えたからです。筋肉は皮下脂肪よりも重いので量が増えれば体重も増えます。

引退後に痩せるなら、皮下脂肪対策と筋肉対策の2つの方針が必要です。

運動していたので基礎代謝量は多いと思います。

軽い有酸素運動を主体にして筋力の衰えを防ぎながらむくみと皮下脂肪対策をおこないます。

運動量が急激に減るので皮下脂肪とむくみが溜まりやすいので不要なものを捨ててください。

運動ダイエットのまとめ

普段運動不足の方が運動で汗をかいても痩せないのは、基礎代謝(きそたいしゃりょう)が少ないから。

激しい運動よりも、有酸素運動と激しい運動を交互におこないます。

短時間に体が熱くなり、呼吸を取り入れる有酸素運動ができます。

運動部を引退した方は、運動量が多いと筋肉太りになります。

筋肉太り対策は有酸素運動が主体でむくみ対策のマッサージも併用します。

運動しすぎると筋肉が太くおもくなるので、加減を観ながら調整してください。

コメントを残す