足パカで腹筋を引き締める効果的なやり方

2.足を左右に交差させる方法

足パカ運動の基本の動作と同じで脚を開き閉じます。

この運動との違いは脚を閉じるときに交差させます。
そうすることで広範囲の腹筋を引き締める効果があります。

 

20代~30代の向けのやり方

足を開いて閉じる運動を繰り返します。

このとき脚の動きはリズムよくスピーディーにおこなってください。そうすることで腹筋の横まで効いてきます。

 

3回を1セットでおこないます。まだ続けられそうなら6回。9回と回数を増やしていきます。

 

次の動画ではどのぐらいの速さでおこなえばよいのかがわかります。

【動画】足パカダイエットは下半身を引きしめ腹筋運動にかなり効く

たぶんあなたが思っているより早く動かしてもらいます。

 

 

40代~50代の人向けのやり方

20代~30代の人との違いは脚を動かすスピードと回数です。

どの運動にも共通しますが呼吸に合わせて動かしてください。

 

力を入れたい(引き締めたい)動きのときに息を吐くのがコツ。

息を止めたまま動かすと頭が重くなったり痛くなったりすることがあります。

 

あくまでも腹筋に力が入るように心掛けてください。

 

【動画】40~50代の下半身痩せ運動2
https://youtu.be/RSM2XNR0Ugg

3.足を前後に動かす方法

脚を90度にあげるまでの動作は同じ。

歩くように前後に脚を動かします。

※反り腰の人は腰に痛みを感じたらすぐ止めましょう。

 

20代~30代の向けのやり方

上を向いて横になったままバンザイするように腕をあげてから脚を前後に動かします。

リズムよく動かすとお腹が引き締まるのを感じやすい。

 

【動画】下半身痩せダイエット(足パカ前後運動)

40代~50代の人向けのやり方

脚の動きは自転車をこぐように動かします。

体力に自信がある方は20~30代と同じように前後に動かしてください。

脚を動かすのがつらいときに息を吐いてください。

 

早くする必要はありません。

ゆっくりすごると逆に疲れやすいので速さも加減してください。

 

【動画】40~50代向けお腹痩せ運動3
https://youtu.be/V6m0uJFtnWc

4.横向きでおこなう方法

横向きで脚を開く運動です。

この運動は全年齢同じ動作です。

効果的におこなうには首から背中がまっすぐになるように姿勢にきをつけます。

一般的には横向きになり肘をついて上半身を起こしたまま運動をおこないます。

この方法では脚やウエストが引き締ますのですが二の腕や肩が太くなってしまいます。

 

そこで気をつけて欲しいのは以下の2か所になります。

1.首はまっすぐになるように腕を前に出す。

2.腰は曲げずに伸ばしておこなう。

首をまっすぐにするには、肩と同じ程度の枕を首の付け根まで入れます。

肩は前に重いっきって出す。肩甲骨床面に一番あたるように。

 

腰は伸ばすようにすると腰回りの筋肉全体を動かすことができます。

 

【動画】寝ながら下半身痩せダイエット(横向き足パカ)

 

下半身痩せ効果を高めるほかの運動

腹筋を引き締めるのも大切ですが、腰まわりを引き締めるとより効果的です。

息を吐きながら腹筋を引き締めるドローイングがおすすめです。

この運動は反り腰対策にもなるので、そんなに太ってないのにお腹がぽっちやりしている時にも役立ちます。

 

【動画】骨盤ダイエット!前に傾く骨盤の整え方

 

反り腰の人は腰痛を感じるときや、悪化することもあるので腰を床に押し付けるようにしてから脚の運動をおこなってください。

まとめ

脚痩せ下半身痩せの運動はランニングや上半身を起こす従来の腹筋があります。

足パカダイエットは横になったままおこなうので、足が太ることがほとんどありません。

 

脚の動かし方で色々な種類の運動ができその都度引き締まる場所が変わります。

代表的な4種の動きです。

1.あしをあげて開いては閉じる

2.あしを左右に交差させて開いて閉じる

3.あしを前後に交差させて上げ下げする

4.横にあしを開いて閉じる

 

20~30代の方は運動のスピードを速めにしてください。

実際の速さは動画で確認してください。

 

40~50代の方は力が入る運動をおこなうときに息を吐きながら動かすを脳の血管への負担が少なくなります。

1度や2度では体の変化はわかりません。

 

1~2ヶ月続けた人は「痩せた?」と質問されています。

無理しない程度で続けてみてください。

 

スポンサードリンク



半額

コメントを残す