足パカで腹筋を引き締める効果的なやり方

足パカダイエットのコツ

足パカダイエットで効果的に体を引き締めるには運動回数を増やすことではありません。

足をを広げる角度と床面から上げる角度がポイントになります。

 

あしを広げる角度(運動量)が少ないと下腹部の引き締め効果がよわくなります。

床にちかいほど疲れやすく運動の回数がこなせません。

 

それを解消するには、まず股関節で約90度曲げる意識をもってください。

そこまであしを持ち上げていると腹筋に充分力が伝わり引き締まるのです。

約90度の感覚がわからない時は壁と床に背中をあしを密着させると簡単にわかります。

足パカダイエットの効果的なやり方

僕が取り入れている足パカダイエットは主に以下の4種類です。

・あしを開き閉じる

・あしを交差させて開いて閉じる

・あしを前後に交差させて上げ下げする

・横にあしを開いて閉じる

体力がある人にはあしを上げたまま回転させる運動をおこなってもらいます。

 

次はそれぞれの方法について、20~30代と40代以降のに分けて解説します。

1.足を上げたまま開いて閉じる

下腹部痩せと脚痩せ効果が期待できます。

足パカダイエットの基本になります。

 

20代~30代の向けのやり方

1.あおむけ(お腹を上に)寝る。

 

2.両腕をバンザイのように耳のよこに上げておく。

【コツ】背中から腰を床に押し付けるようにしたまま脚を動かします。

 

3.両脚を90°に開いては閉じる運動をゆっくり繰り返す。

【コツ】内太ももに力が入ると引き締め効果も大きくなります。

 

4.両脚を閉じたとき3~5秒動かさない
【コツ】下腹に力が入るように

 

5.回数は、9回を1セット。体力に応じて増やしてください。

 

【動画】足パカダイエットは下半身痩せに効果的

動画で詳しく説明していますので参考にしてください。

40代~50代の人向けのやり方

1.あおむけ(お腹を上に)寝る。

 

2.両腕は腰の両サイドで手のひらを床面につける
【コツ】腰痛予防になります。

 

3.両脚を90°に開いては閉じる運動を繰り返す。
【コツ】ゆっくりと息を吐きながら

【コツ】脚を伸ばすとき膝がまがっていても問題ありません。

 

4.太ももの内側に力を入れたままでおこなうと引き締め効果が高くなります。

 

5.回数は、9回を1セット。3回に分けておこなってください。

 

※40~50代の方のモデルさんも4日目できつかったスーツが少しゆるくなったそうです。

 

【動画】40~50代の下半身痩せダイエット運動1

https://youtu.be/35q_FUR1OoI

 

次のページからいろいろなバージョンの足パカダイエットを紹介しています。

スポンサードリンク



コメントを残す