足パカで腹筋を引き締める効果的なやり方

足パカダイエットで腹筋や脚が痩せたという口コミが多く見られます。
僕はこの「足パカ」という言葉は知りませんでしたが実際やってみて引き締まった感がとてもつよいのです。
結論からいうと体が引き締まる効果がとても高いエクササイズです。

 

ダイエットメニューにも取り入れてみましたが個人差がありますが反応はとてもよく体の変化に驚いています。

ぽっちやり体形の50代女性では、2週間にたった3回のエクササイズにもかかわらずウエストに「くびれ」らしきものを確認できています。
それを体感できてからはダイエットに対するやる気が変わりました。

その後1ヶ月(約30日)すぎてから友人に「そんなに痩せたのは何かしているの?」と聞かれるようになったそうです。

 

太ももやヒップに関しては男女ともに引き締まってきます。

40女性の場合10年前に購入2年ほぼ前からはけなくなったズボンがはけるようになりヒップから太ももの部分では余裕さえ出てきています。

 

「足パカ」という不思議な名前のエクササイズですが下半身ダイエットに有効なのでそのやり方と効果的な回数を紹介します。

足パカダイエットとは

足パカダイエットとは、あしを股関節で約90度曲げて(上げて)大きく開いては閉じるエクササイズ。
スクワットやランニングとはちがい脚に体重がかからないので筋肉太りの心配がなく引き締め効果が強い運動です。

足を開閉する方法や足を交差させながら開閉する方法。前後に動かす方法などその種類も多いのが特徴です。

効果がある人と感じられなかった人の違い

僕自身やってみて引き締め効果を実感しました。
20歳代~80歳代の幅広い層の人で体の変化を体感することが多いエクササイズです。

しかし口コミの中には、あしが太くなった人や効果を感じることがなかった人もいます。
この違いはなぜでしょうか?

 

回数が少なければ体の変化を感じるのは難しいでしょう。
効果の違いはあしの角度にあります。

次のページでは足パカダイエットのコツと効果的なやり方を紹介しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す