痩せる筋トレはどっち?有酸素運動と無酸素運動の組み合わせを解説

効率よく痩せるための部位別筋トレ

筋トレを先にするのはわかったけど何をしたらよいかわからない人もいらっしゃるでしょう。僕は下半身を中心に筋トレをおこなってもらいました。股関節を中心の筋トレです。脚の方が重くその筋肉も大きいので効率のよい筋トレになります。姿勢をよくするときもここの筋力が硬くては背筋を伸ばせません。

腰と股関節を安定させる筋トレ

この筋の筋トレは姿勢を保つ働きの強化と背筋が伸びることでウエスト引き締めにもかかわっています。始めにストレッチで筋肉中の老廃物対策をおこないます。

次に足踏み運動で腹筋から腸筋・腰筋の筋トレをおこないます。

やり方は簡単です。腰に手を当てて動かないようにします。

そのまま片脚づつ交互に足踏みをおこなうだけです。

上半身の筋トレ

次に肩甲骨を動かしてもらいます。動きはシンプルですがゆっくり力を入れて動かしてください。褐色脂肪細胞という体を温める脂肪が脇のまわりにあるのでここを動かすと上半身が温かくなりカロリーも燃焼されやすくなります。

お腹を引き締める筋トレ

一見歩いている動かし方のようですが、交互に早めに動かすと脚の重さで強い運動になります。この動きのほかにお腹を天井に向けて左右に脚を開くやり肩もあります。

有酸素運動で効率よく痩せるには

筋トレの次は有酸素運動をおこないます。内容に決まりはなく、あなたが好きな運動をおこなってください。ルールがあるとすれば長時間続けられる激しくない運動です。

3ヶ月で10kg以上痩せたケースでは2名ともウォーキングをおこないました。その時足首を使ってしっかり地面をけり出すように歩いてもらいました。

有酸素運動と無酸素運動の組み合わせまとめ

有酸素運動と無酸素運動をそれぞれ単独でおこなうよりも組み合わせておこなうとダイエット効果が高くまります。順番は無酸素運動(筋トレ)を先に行うことで基礎代謝量を上げてから有酸素運動で脂肪を燃焼させます。

運動での消費カロリーは考えているよりも少なく痩せるのは運動していない時の代謝で痩せるのです。基礎代謝量を上げる時は筋肉量を増やします。目的を持った運動にしてください。筋トレは下半身と腹直筋を狙います。

下半身の筋トレは腸骨筋・腰筋のストレッチからはじめ、イスに腰かけてのストレッチ。からおこなうと効率よくうんどうができるようになります。

 

Combination of aerobic exercise and anoxic exercise

If you combine aerobic exercise and anaerobic exercise separately than doing it separately, the diet effect increases. In order, burn fat with aerobic exercise after raising basal metabolism by doing anaerobic exercise (muscle tract) first.

The caloric expenditure in exercise is less than you think and you can lose weight by metabolism when you are not exercising. When increasing the basal metabolic rate increase muscle mass.

Please do exercise with a purpose. Muscle training aims at the lower body and rectus abdominis.

Muscle training in the lower body begins with stretching of the iliac muscle / psoas muscle, stretching with the chair sitting. You will be able to do it very efficiently.

Translate google




コメントを残す