甘いものを我慢しないダイエットの方法

食べる時間帯別に間食の摂り方を変える

職場までの時間や勤務時間で食事の時間による個人差があまりにも違うので食事間の時間別に間食を摂るタイミングを紹介します。

昼食までの時間が長い人

「朝が早い」「昼食時間が午後(2~3時)になる」
このような人は午前中に間食をお勧めします。

朝も時間がないなら間食を多めに食べてください。

夜遅く食べる人

仕事で帰るのが遅くなる人は
朝は胃がもたれて食べられない時は朝食は水分補給と果物を中心にして午前中の間食をしっかり食べましょう。

よる遅くまで食べられないので夕方にも間食を食べることをお勧めします。

この時間に間食すると夜のドカ食いをやわらげることができます。

睡眠時間が少ない人におすすめの間食

睡眠時間が少ない。考えることが多い人におすすめなのがアーモンド

僕の感想ですが甘いものを欲しくなくなります。そして頭がスッキリしました。

コンビニのアーモンド

ローソンでは「おつまみアーモンドフィッシュ」がおすすめです。

小魚が入っているのでカルシュムも摂ることができます。

気になるのはアーモンドをスライスしているので噛んだときの「コォリ」

という食感がありません。

おつまみアーモンドフィッシュ 38g

206kcal 204円(税込)

 

セブンイレブンでは「セブンプレミアム アーモンドフィッシュ」

こちらも小魚入りですが20gでは少ないように思います。

その分価格もローソンの半分です。

セブンプレミアム アーモンドフィッシュ 20g

107kcal 108円(税込)

間食で食べるなら予算と満足感で選んでみてはいかがでしょうか?

ストレスで甘いものを食べたくなる根拠

うまみ(脂肪)と甘いものを食べ分ける命令を出す神経細胞が発見されています。

難しい表現ですが引用します。

高度肥満者は、脂肪食を好んで摂取することが知られています(特に甘い脂肪食)。これまでは、「美味しい」食物をより好むことが原因であると考えられてきました。今回、炭水化物と脂肪の食べ分けを決定する神経細胞が発見されたことによって食物の嗜好性を決定する神経回路が明らかになり、高度肥満者が脂肪食を好む原因も明らかになると期待されます。また、視床下部室傍核のCRHニューロンは、ストレスによって活性化することが知られています。現代社会においては、ストレスによって甘い物を多食する人(“chocolate eater”)の存在が知られていますが、この原因解明にもつながると期待されます。

http://www.nips.ac.jp/release/2018/01/17.html

甘いものを食べたくなる根本はストレスです。

無理な食事制限や糖質制限だけをおこなう人のダイエットを失敗させていると感じています。

適度な運動と食べ過ぎている量だけを制限するのが痩せるコツではないでしょうか?

甘いものを我慢しないダイエットの方法のまとめ

甘いものを欲しくなるのは、ある種の栄養不足とネット上では言われています。

しかし、無理な食事制限で栄養不足になることがあっても食べることを制限されたストレスの方が強く。またそれを何度も感じるたびに甘いものを食べたくなります。

 

食の悪循環によるダイエットの失敗を防ぐには、間食を食べることが甘いものを我慢せずダイエットを楽におこなう方法になります。

具体的には以下の3つ

1.食後すぐ甘いものを食べない

2.小分けにパッケージされたものを食べる

3.間食もしっかり食べる

 

食べる時間帯でも間食を摂る時間を変えます。

朝食と昼食の間が長い人は、午前中に間食を摂るようにしてください。

食事の時間が夜遅くなる人は朝食は水分補給を中心にして午前と夕方に間食を摂って夜のドカ食いをしないようにしましょう。

 

 

It is said on the net that some kind of nutritional deficiency is wanting a sweet one.

However, stress that was restricted from eating is stronger even if there is a nutritional deficiency due to impossible diet restrictions. I also want to eat sweet things every time I feel it again.

To prevent dieting failures due to the vicious circle of food, eating snacks is a way to diet easily without putting up with sweet things.

Specifically, the following three

1. Do not eat anything sweet soon after eating

2. Eat packaged in small pieces

3. Eat snacks well

I change time to eat between meals even during the time of eating.

People who have long breakfast and lunch should try to eat snack in the morning.

People whose mealtime will be late at night should try to eat snacks in the evening with midnight snacks in the morning and evening with breakfast being mainly of hydration.

スポンサードリンク



コメントを残す