正月太りの予防と短期ダイエット

目立たないお正月太りの解消法

目立たなく運動するには入浴時におこなうドローイングが一番です。
なれていればテレビを観ながらでも歩きながらでもできるようになります。

一人でいるときの正月太りの解消法

寒い季節なので汗だくになって運動をするのは風邪をひきやすくおすすめできません。
室内の運動と散歩が基本になります。

時間があれば散歩のあとお風呂にはいり代謝を高めてから運動しましょう。

正月のウォーキング

冬のウォーキングは代謝を上げることを目的とします。

汗をかいて冷たい風にあたり風邪をひくとダイエットを中断させるから。

何時間も歩いて直接痩せるのは温かくなってからの方が痩せやすく風邪をひくリスクも少なくなります。

外出時の注意点

冬場の服装にも心がけてください。冷えないようにするだけでも間接的にダイエットを補助します。

 

寺社なら舗装されていないので足元から冷えてきます。

靴底も厚めのものを履き靴下も重ね履きをしておきましょう。

 

市街地ならビル風でふくらはぎなどから体温が奪われます。

風をとおさない素材のものを身につけましょう。

お風呂で温まる

湯あたりしなければ20分程度は湯船につかりたいものです。

足が冷えていたらお湯の温度を下げますから追い炊きで温度を保つようにしましょう。

 

42℃から脂肪が分解されやすくなりますが神経が高ぶることもあるので40℃程度のお湯で20分は湯につかり温めてください。

 

入浴剤を入れると湯上りの肌をコーティングしてくれて湯冷めしにくくなります。

岩塩などを一つまみいれるだけでも温まります。

お風呂でダイエット効果を高める方法はこちら

正月太り解消運動

正月太りを解消する運動は室内でおこなうドローイングダイエットを中心におこないます。

家族や親せきと過ごしていても、一人で過ごしても場所も道具も必要ないからです。

 

ドローイングダイエットとは、息を吐きながらおこなうのが特徴的な腹筋を直接鍛えるダイエット法。

 

慣れてくると、立ったままでもイスに座ったままでもドローイングができます。

ドローイングをしながら歩くこともできるので、冬のウォーキングにも応用が可能です。

逆に普段おこなっている運動に「ドローイングがおこなえる」ようになり、より効果的です。

ドローイングダイエットの記事はこちら

短期ダイエットなら運動+ドローイングダイエット

短期ダイエットは、腹筋に力を入れながら下半身上げをおこないます。

腹筋にガツンとくるものがあります。

もし腰に痛みを感じたらすぐに動きを止めて痛みがおさまるまで動かさないでください。

やり方

1.仰向け(おへそは天井に向く)に寝ます。

2.膝を曲げて立てておく

3.背中を床やベッドに押し当てる

4.3をおこないながら息を吐く

5.息を止めて立てていた膝をお腹に寄せる
(股関節が直角、約90度曲がっている)

6.股関節はそまま膝を伸ばす

7.息をゆっくり吐きながら膝を曲げ元の脚の場所に戻す。

本来脚を伸ばしたままおこないます。

動画 ドローイングダイエット3種類

動画でドローイングダイエットのやり方を解説しています。

最初にドローイングの基本。その次に腰への負担を少なくしたもののあとに短期間で痩せるための運動法をお伝えしています。

3段階の中からできることを1日3回を1セットおこなってください。

やりすぎたりバランスを崩すと腰痛を起こしやすいので加減をみながらおこないましょう。

正月太りの予防と短期ダイエット のまとめ

・正月太りの原因は「肥満」と「むくみ」です。

・理由は年末らの食べ過ぎと長期休暇による運動不足と食事内容です。

・予防ほうは飲食の量を少なくする

・運動は室内でおこなうものを中心にします。

・初詣などもかつようして少し遠くにお参りするのもよいでしょう。

・家族や親類と過ごす時間も大切にしながら太りにくく過ごすのが良いと思います。

 

春先のダイエットを好スタートさせるためにもぜひ取り入れられるものは実行してください。




コメントを残す