朝食抜きダイエットで痩せる人と痩せない人の違いとその効果とは?

 

朝食抜きダイエットのメリットはカロリー制限と栄養分のコントロールができることです。

・このメリットは活かせるのは夜遅い時間に食事を摂る人。
・胃腸の調子が元々弱っている人。
・ストレスで胃腸の働きが落ちている時には食事制限が有効。。
・食べ過ぎの人

次にデメリットをチェックしてみましょう。

朝食抜きダイエットのデメリット

朝食を抜くとおこる3つのデメリットと健康被害の研究報告があります。

・栄養が1食分不足する
・一日のリズムを修正する機会を失う
・代謝が上がらない

国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と肩甲研究センター 予防研究グループの研究結果によると

脳出血の最も重要なリスク因子は高血圧で、特に、早朝の血圧上昇が重要なリスク因子であると考えられています。また、朝食を欠食すると空腹によるストレスなどから血圧が上昇することが報告されています。逆に朝食を摂取すると血圧上昇を抑えられることも報告されています。これらの報告から、朝食を欠食することで朝の血圧が上昇し、毎日朝食を摂取する人に比べて脳出血のリスクが高くなっていた可能性が考えられます。
http://epi.ncc.go.jp/jphc/773/3769.html

以上のことから朝食抜きはデメリットの方が多いといえます。

朝食抜きダイエットに向いている人

朝食抜きダイエットはリスクの方が多いのですが以下の生活習慣の人には役立つダイエットです。

・夜遅い食事で朝食との時間が短い人
・食べ過ぎの人(飲酒の絞めにラーメンやパン牛乳を摂る人)

胃腸が弱い人は食べる量を少なくして朝食を摂る方が健康管理として朝食抜きを取り入れてください。

向いている人の朝食抜きダイエットのやり方

朝食を抜くことのメリットとデメリットを考慮してダイエットをおこないます。食べる時間と食べる量に問題がある人にこのダイエットが向いているのは今までお話してきました。朝食を抜くことで胃へのストレスをやわらげることがダイエットの成功につながります。

結論から言えば、食べる量と食べる時間をコントロールすることにつきます。理想的な状態は朝食を食べる時間に空腹感を感じることです。意外な結論になりましたが、朝食以外の食事のコントロールが「朝食抜き」ひいてはダイエット全体の成功につながるのです。

まとめ

・朝食抜きダイエットは、向いている人と向いていない人がいます。

・向いている人は食べる時間と食べる量が体に負担になっている人です。

・そのような人も朝食時間に空腹を感じるよう食事をコントロールすることです。

・それがダイエットの成功につながります。




コメントを残す