朝食抜きダイエットで痩せる人と痩せない人の違いとその効果とは?

朝食抜きダイエットで痩せたという人もいます。反面、朝食を食べて代謝を上げて痩せる人もいます。いったいどちらが痩せるのでしょうか?

僕が患者さんに提供しているダイエットメニューでは朝ごはんを食べてダイエットに成功しています。僕自身は朝食は食べていません。
これは、朝ごはんを食べたから、食べないからという理由で痩せるではないと考えています。

本記事では、生活習慣別に朝ごはんを食べたほうが良い人食べなくても痩せる人の違いと僕自身の経験と実践法を提供します。

スポンサードリンク


朝食抜きダイエットとは

水分補給だけのダイエットからスムージーなど朝食の置き換えダイエットを朝食抜きダイエットに含むものまであります。そもそも朝ごはんとは、農林水産省のHPでは朝9時までに食べる食事のことです。その食事量に定義はありません。水以外のものを口に含めば朝食とこのサイトでは定義します。

朝食抜きダイエットの効果

このダイエットの効果は以下の2つの効果が期待できます。

・1食分のカロリーを抑える
・空腹がダイエットに効果的

胃腸の調子が悪い人には胃もたれ予防の効果も期待できます。では、朝食自体にどのような作用があるのでしょうか?それを知ったほうがダイエット効果も高まるのです。

朝食を摂ればどうなるのか

体のリズムを整える(人の体には1日25時間のリズムがあります。地球の24時間リズムとずれているので光と食べることでリズムを調整しているのです)。
栄養面では、脳に糖分をいち早く補給する意味があります。

次のページではこの朝食を摂らないことのダイエットのメリットとデメリットを紹介します。

スポンサードリンク



半額

コメントを残す