姿勢ダイエットの効果と日常生活での活用法

姿勢ダイエットに効果がある理由

脂肪ポケットという言葉をご存知でしょうか?体にはそのような不要なポッケットは存在しません。脇や下腹など余分な皮下脂肪がたまりやすい場所を指す言葉です。

姿勢が悪いと体には動きが多い場所と動きが少ない場所ができます。
冒頭で運動する必要がないと紹介しましたが、姿勢が良くなると動きが大きくなるので今までと同じ生活スタイルでも運動量が増えるから痩せるのです。

姿勢ダイエットの効果を長持ちさせる方法

今からお話しする内容は姿勢ダイエットではとても大切なことです。なので後でもう一度出てきますがその時も思い出して日常生活に取り入れてください。

やり方
椅子に座っても立ち上がっていてもかまいません。

1.背筋を伸ばす

2.座っていれば両ひざを同じ向きに
 立っていればつま先を同じ向きに揃える
(左右の脚は離れていてもよい)

3.両腕を頭の上にあげて背伸びをします。

4.腕をあげたまま深呼吸で息をゆっくり吐く

5.背筋を伸ばしたまま腕を静に下ろす。

背筋を伸ばし、腕を挙げて息を吐きながら下ろす。これだけです。

手順 3で息をゆっくり吐きますがその時腹筋が引き締まるのがお分かりなります。
目立ちませんがこの時脇腹も引き締まっているのです。

姿勢改善は下半身から

姿勢改善は本来は、足首、膝(ひざ)、股関節、骨盤とおこないます。セルフケアでは難しすぎます。
そこで足先の向きをそろえておこなうことで膝も股関節も骨盤も同時に整える方法をお伝えします。

上手くおこなうコツは2つ

1.足先の向きをそろえること。
2.ゆっくりおこなうこと

それでは骨盤の整え方から紹介しましょう

骨盤の整え方

デスクワークの時に多い骨盤の前後の歪みの整え方から紹介します。
骨盤が前に出過ぎるとお尻が出てお腹も突き出す姿勢になります。

1.患者お腹を上にして膝を立てる。

2.床面に背中を押し付ける。

3.息を吐きながら背中で床面を押さえる

4.このタイミングでお尻の穴を引き締めてください。

これを3回繰り返します。

できれば毎日続けてほしいので3回を1セットで続けてください。

猫背の整え方

猫背は骨盤を整えた後でおこないます。猫背を放置すると首への負担がとても大きくなります。

顎を突き出せば顔のエラが発達します。無理に顎を引くと二重顎になるので早い段階から整えておきましょう。

やり方
壁に両手をついて自分の腕の長さだけ壁から離れます。

1.どちらの脚でも良いので半歩前に出します。

2.腕立ての様に壁に胸を近づけて姿勢をそらせます。

3.この間壁に胸を近づけると猫背対策になります。

4.両腕をついたまま体を動かすので、肩甲骨の動きも良くなります。

脚はしっかり踏ん張れるようにしてください。単純な動きだけに回数が増えるとプルプルします。

1セットを3回が基本です。もし眠りにくい。イライラしがちな時は5回程度おこなってください。

お腹を引き締めて姿勢を長持ちさせる方法

本記事で2度目の登場です。大切なことなので繰り返しました。冒頭でだれでもできる簡単な姿勢の改善法はこの運動です。お腹周りも引き締まるので姿勢にもサイズダウンにも効果的です。

骨盤の歪みや猫背が整って来ればこの背筋伸ばしだけでも良い姿勢が保てるようになります。

やり方
椅子に座っても立ち上がっていてもかまいません。

1.背筋を伸ばす

2.座っていれば両ひざを同じ向きに
 立っていればつま先を同じ向きに揃える
(左右の脚は離れていてもよい)

3.両腕を頭の上にあげて背伸びをします。

4.腕をあげたまま深呼吸で息をゆっくり吐く

5.背筋を伸ばしたまま腕を静に下ろす。

手順 3で息をゆっくり吐きますが腹筋が引き締まるのがお分かりですね。目立ちませんがこの時脇腹も引き締まっているのです。

腕を挙げにくければ背筋を伸ばして(腕を下げたまま)両肩を耳につけるようにすると腕を挙げた時と同じような効果があります。

この運動をがんばれば、個人差はありますがクビレが出て来ることもしばしば。

 

次のページでは姿勢矯正のダイエット以外の効果についてお話しします。

スポンサードリンク



半額

One Response to “姿勢ダイエットの効果と日常生活での活用法”

コメントを残す