太もも痩せに効くマッサージとストレッチ

太もも痩せダイエットの方法と注意点を解説します。太もも痩せはダイエットの中でも変化が出にくいとされています。

 

「スカートをはきたい」「脚を出すのが恥ずかしい」と思っていても難しいから と、あきらめていませんか?歩いたり走ったり運動して食事制限もしたけど胸だけ痩せて逆に脚が太くなるのは運動が筋トレになっているのです。

 

とくに運動もしてないのに脚が太いのは体重が一か所に偏っているからで日常生活の中で太くなるから「もう細くならない」のではありません。

脚の状態を判断してそこから違う使い方をすれば太ももが細くなります。実際に脚が細くなった方法を紹介します。

 

スポンサードリンク


太ももが太くなる4つの原因

太ももが太くなる原因は以下の4つです

1.筋肉太り 姿勢と筋肉バランスが悪い

2.むくみ 水分代謝が悪い

3.脂肪太り 運動不足か過食で生活習慣が悪い

4.筋肉の発達 大柄で相対的に太い・スポーツで発達した場合

このうち4に関しては現役でスポーツ競技をしている時は太ももや脚痩せは考えない方が良いでしょう。引退直後から痩せることを考えます。

1~3は日常生活の中に原因が隠れています。次に太ももダイエットの方法を紹介します。

筋肉太りの脚と皮下脂肪が多い脚の違い

脚を横からチェックします。

脚全体のシルエットと、どこが気になるかで判断します。

筋肉太りタイプの特徴

筋肉太りの脚は、太もものつけ根が一番太く、膝にかけて細くなります。

※自転車やスケートなど脚の筋肉が発達するスポーツをしているかたはこの限りではありません。

 

この他の特徴は以下の通り。

・動かすと筋肉の動きが見える

・触ると筋肉の形がわかる

・力強く歩く

・横から見ると腰のあたりで特に姿勢が悪い

・バドミントン・テニスなどの競技をしている、過去にしていた。

・正座が苦手。

・ふくらはぎが発達している

 

すべて当てはまらなくてもこれらの特徴が多いほど筋肉質といえます。

脚に皮下脂肪が多い人の特徴

皮下脂肪が多い脚は、ひざの上に余分なお肉が乗っていることが多く全体的にたるんだ感じがします。

この他にも以下のような6つの特徴があります。

・内ももを触ると弾力がなく軟らかい。

・太ももの外側を(国語辞典の厚み程度)つまみあげることができる

・お尻の下を手に余るほどつまみあげることができる

・イスの座面から出た太ももの裏が垂れ下がっている。

・太ももを触れば冷たい。

・太ももの外側、お尻の下をつまむとシワやデコボコができる。

すべて当てはまらなくても、きになる項目が多いほど皮下脂肪がたくさんあるといえます。

【動画】筋肉太りの見分け方

動画で太ももの筋肉太りの見分け方を詳しく解説しています。

・太ももの前・内・後ろに軽く触れて硬い、弾力がある時は筋肉。

・触って軟らかい時(頬の軟らかい所と同等)は皮下脂肪。

太もものむくみは、わかりづらいのでスネで判断し、ここでは、皮下脂肪とむくみは同じ扱いにします。

 

脚を動かせばその動きを手で確認できます。脂肪は脚を動かしても動きません。

 

太ももの筋肉は大きいので両手で挟めます。皮下脂肪が大きほど簡単につまみ上げることができます。
太ももの外側は、筋肉が少なく硬さだけでは判断できませんがつまめた時は皮下脂肪を考えます。

 

太ももダイエットの方法

太ももダイエットの方法は、むくみに対する方法、筋肉に対する方法、太ももの脂肪に対する方法と3つのアプローチがあります。むくみに対しては運動とマッサージをおこないます。

今回は、筋肉太りの痩せ方に集中しますが筋肉に対しては運動不足の場合は筋トレをおこない、姿勢を整え筋肉バランスを整える方法と使い分けます。皮下脂肪は、内ももとお尻のしたに溜まりやすく筋トレとマッサージをおこないます。

太ももが今よりも太くなるのを防ぐ方法

筋肉で太くなるのは、筋肉質でもそうでなくても使い方次第。この時エクササイズをすると、よけい太くなるケースが多いです。

姿勢が悪いと、太ももの前が太くなり、体が左右にぶると外側の筋肉が発達するので姿勢を整える方法を紹介します。

ふくらはぎの筋肉太りと脂肪太りとむくみの見分け方

ふくらはぎの筋肉太りと脂肪太りの見分け方は見た目の違いと指で触って確認する2つの方法があります。

筋肉太りの場合

・ふくらはぎとスネの筋肉が発達しています。

・アキレス腱とふくらはぎのメリハリがはっきりしています。

・足首を動かすと手で動きを感じることができます。

 

皮下脂肪の場合

・ふくらはぎ全体が軟らかい。

・アキレス腱とふくらはぎの太さの区別が付きにくい。

・スネをつまむとデコボコすることがある。

・足の甲がむくんでなければ、指まで太ります。

脚のむくみの特徴

脚のむくみの特徴を下記にまとめました。

・スネを押さえると跡が残りやすく、皮下脂肪では靴下や指の跡は残らない。

・朝と晩で太さに変化がある。

・皮下脂肪は1日のうちに急激な変化はしない。

・通常脚の指先はむくみにくい。

 

太ももと比べると、むくみの特徴が多いほど当てはまるので脚の状態を判断できます。

【動画】太ももを太くしない方法

太もも痩せだけでなく、全身のダイエットにも関わるのでしっかりチェックしてください。

姿勢を良くすると、お腹も痩せやすくなうので、簡単ですから動画を観て毎日おこなってください。

太もも痩せのマッサージの方法

誰もが簡単にできるセルフマッサージの方法は筋肉を強く痛くマッサージすると逆効果。優しく、ゆっくり待つサージするのがコツ。

 

手を脚のつけ根に近づけると力が入りにくいので、手の平全体で筋肉をおさえます。

施術では「こんなに弱くても大丈夫?」と、よく聞かれますエステのイメージは脂肪燃焼です。

【動画】太もも痩せのマッサージケア

太もも痩せのマッサージで大切なのは次の3点です。

1.強くしない。

2.痛くしない。

3.ゆっくりおこなう

ゆっくりとはどのぐらいのリズムなのかを動画だとあんどでもチェックできます。

 

いったん筋肉がたるんで太る場合もありますが、一時的なものなので全く心配ありません。

僕の経験では、むしろ皮下脂肪も柔らかくなって痩せやすくなります。

脚のリンパを流してサイズダウンする方法

脚のむくみはリンパの流れを促進してサイズダウンを目指します。リンパの流れには深部のリンパと皮ふに近くて浅いリンパが循環しています。

 

マッサージをおこなうには最初は深い流れに対し「ゆっくり」「深く」そして股関節から足先への流れを作ります。次に浅いリンパに対し皮ふを軽くなぞり足先から太ももへと戻してきます。

太ももを細くする歩き方

姿勢をただし、普段使わない筋肉を使い脚を細くするのが狙い。背筋を伸ばして、普段より1~3センチ歩幅を大きく歩くだけ。僕は、この歩き方で3ヶ月で30キロ痩せました。太ももだけでなく全身痩せにも効果を実感指定しています。

 

姿勢を保ち続けるのが、辛い時は、立ち止まり姿勢を意識してまた歩いてください。体が覚えたら自然に歩けています。動画を観て歩く時は1~3センチ歩幅を大きく歩いてみてください。

【動画】3分でわかる、痩せる歩き方

3分で筋肉が痩せませんが、簡単ですから3分でわかるようになります。

室内で練習して、姿勢を保って歩く練習は続けてください。

太っている人ほど、体重も落ちやすくなります。

太もも痩せダイエットのまとめ

太ももが太くなった原因べつに対策をすると太もも痩せも簡単にできます。

筋肉太りはエクササイズではなく、マッサージで太もものコリをほぐしてサイズダウン。

マッサージは強くしない。

 

姿勢を整えて、今以上太くしないことからはじめます。

脚を細くする歩き方は、全身痩せにも効果を実感した歩き方です。

 

筋肉と皮下脂肪でタイプ別にわけましたが実際には、複合タイプが多いのでエクササイズもマッサージもおこないます。

 

痩身の施術ではタイプに沿って、マッサージを増やすのかエクササイズを中心におこないます。

毎回バランスをチェックしながらおこなっています。

 

施術の後のセルフケアは個別にお伝えしていますが、サイトや動画を観ていただいてセルフケアを行う場合も、筋肉と皮下脂肪・むくみの割合をチェックしておこなってください。

 

この記事は、太ももの筋肉太りに対するセルフケアを紹介しました。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す