夏までの2ヶ月で何とかしたいぽっこりお腹の原因と解消法

油断したら目立ってくるのが女性のお腹のぽっこり。ボディーラインが目立つ夏場までにお腹を引き締めたいならやみくもに頑張るよりもその原因に狙いをしぼってダイエットするのが効果的です。

本記事では20代女性のお腹がぽっこりする原因と解消法を紹介します。

 

スポンサードリンク


ぽっこりお腹の原因

ここでいうぽっこりとは、お腹の一部または全体的に膨らんでいることをいいます。本ブログでは見た目がズボンより少しはみ出す程度までとします。イメージ的にドーンという状態なら1週間でなく数ヶ月の時間が欲しいです。

ぽっこりお腹の原因は生活習慣のなかでできてしまうのですが直接的な原因は以下の4つがあります。

・便秘
・骨盤
・腹筋
・姿勢

1つの原因でおこる場合と複数の原因でおこる場合があります。

もう一つの原因

しかし実際には「偽ぽっこり」があります。それはウエストを触って柔らかいだけで「ぽっこり」していると勘違いするケースです。この他にお腹全体が出ている場合と下腹だけが出ている分け方もあります。
本記事では後者のお腹を引き締める方法を紹介します。

便秘でお腹がぽっこりする

便秘になれば腸内にあるものでお腹が膨れます。うんちだけでなくガスが溜まってもぽっこりします。きを付けて欲しいのは便通が毎日あっても食べる量が多ければボリュームがでてお腹は膨れます。耳障りかもしれませんがどちらの場合も実際の体重よりも重くなります。

便通は美容にも健康にも大敵です。便秘をツボマッサージで解消する方法はこちら

骨盤の歪みがお腹をぽっこりさせる

正確には骨盤の広がりのことです。出産や運動不足で骨盤が開いたまま戻らなくなるとスペースができるのでお腹全体がさがって脇がぽっこりするケース。

40代以降の女性に多い四角いお尻はヒップアップでつかう大殿筋(だいでんきん)が弱っているのです。お腹もお尻も引き締まったままでいたいならこの筋肉のトレーニングもおこないましょう。 

骨盤の引き締め方は、骨盤ダイエットの効果と持続させる運動

腹筋がたるんでぽっこりする

腹筋がたるむとビール腹になりますが、この場合、腹斜筋(ふくしゃきん)という脇腹にある筋肉を含む全体的な筋力低下になります。ぽっこりしたものがお腹を一周するイメージです。

姿勢がわるくてお腹がぽっこりする

この場合姿勢が良いとは骨盤が立っていることを言います。今は使うことの無いので尻を突き出していない状態とします。逆に座っている時に腰が曲がっている場合も姿勢が悪いのです。姿勢がわるいと太っていなくても腹筋が弱っていなくてもお腹はぽっこりします。

スポンサードリンク



コメントを残す