夏に汗をかいても痩せない理由

夏はじっとしていても汗が滲んできます。
直射日光の当たるところや人混みの中では顔からあせが吹き出してきます。

痩せたかな?と、思って体重計に乗ってみても変わらない時や逆に太っていることがあるのはなぜでしょうか?

暑くて汗をかくのはカロリーも
消費されているはず。

なのに痩せないのはなぜなのか検証しました。

汗をかいても痩せないのは体温調整しかしないから

運動したり暑くなると汗をかきます。
このとき汗をかく理由は
体温調節をしているからなのです。

 

汗をかいているときは
まだ体温が高いのですが
汗が引くとスッキリするのは
体温が下がります。

 

気化熱といって
液体が乾燥すると
熱を奪うので冷えるのです。

打ち水をしているのは
その効果をねらっているのです。

 

運動中の汗は別として
気温や人混みで体温が上がって
汗をかいても痩せないのは

体温調節しかしていないからです。

汗をかいても痩せないのは水分量の問題

汗を掻くことは体から水分が
奪われているので体重も落ちているはず。

 

なのに、変わらないときや
汗をかく前よりも増えたのは
飲水と発汗の量の問題です。

 

発汗するよりも沢山
水分を取っていると
体重はあまり変わりません。

 

その理由は、運動中や暑い時の
ことを意識してしますが

 

日常生活で補給する水分量
そして脚のむくみがあれば
少々の汗では体重は変わりません。

 

汗をかいても太る理由も
普段から水分代謝が悪く
むくみなどがあれば

 

汗をあいた後の水分補給で
体重が増えてしまうのです。

 

しかし、ボクサーでもない限り
汗を絞り出して
痩せようとしないでください。

 

ボクサーは普段から運動しています。
試合前どうしても体重を
落とせないときに水分を捨てます。

 

普段から運動もしていなければ
汗をかいても痩せることに
期待しないほうが良いかもしれません。

汗をかいても痩せない人の特徴

汗をかいても痩せないのは
普段からの水分代謝に
問題があります。

 

仕事が忙しくてトイレを我慢してしまう。
暑がりで水分補給が多い。
塩辛いもの、味が濃いものが好き。
飲酒量が多い。

 

このような人は、むくみやすく
余った水分が捨てられていないのです。

 

ダイエットの意識よりも
健康のために汗をかくように
しましょう。

 

体は次の割合で水分を捨てています。

おしっこで約57%
呼吸と汗で37.%
便で約6%

 

パソコンやスマホ操作で
うつむくことが多いと
呼吸も浅くなります。

 

空調の整った環境に長く
過ごすと汗もかきにくく

健康をいじするためにも
積極的に汗をかいて欲しいです。

汗をかいても痩せない人はむくみ対策に切り替える

汗をかいても痩せないいときは
むくみ対策にきりかえましょう。

 

本来のダイエットとは
違いますが減量に役立ちます。

 

むくみの原因は病気以外では

塩辛いものを好んで食べる。
・飲酒量が多い。
・そもそも運動不足。

などが身近な原因です。

 

塩辛いもの・味が濃いものが
多い人は量を減らせなければ
カリウムが多いものを食べましょう。

 

カリウムは塩分を細胞から
捨てる働きがあります。

 

このカリウムを多く含むのが

・りんご
・キウリ
・スイカ
・バナナ

などです。

 

飲酒量が多い人は
酔が冷めてから
次のことを試してください。

・温かいお風呂にはいる
・運動して汗をかく

 

むくみ対策より
強制的に汗で捨てましょう。

 

脚を動かさない時は
靴下の跡が付きやすいので
運動不足だと実感できます。

 

運動する時間がないときは
ふくらはぎを動かす。

 

それよりも効くのが
足趾のグーパー運動です。

 

足の裏に力が入るように
ゆっくりでよいので
深く曲げてパッと広げます。

 

外反母趾対策にもなりますから
長話や長電話など退屈なときに
こっそりできます。

 

ただし、夏場は汗をかくと
おしっこの量は減るものなので
その時は一旦お休みしましょう。

 

最後になりましたが汗をかいて体重が落ちない人に試してほしいのがおしっこをした後で体重を測ってみてください。

 

捨ててからだと減っていることもあります。

汗をかいても痩せない理由まとめ

汗をかいても痩せないのは体温調節しかしていないから汗をかいて体重がかわらないのは普段から水分を溜め込んでいるから。

 

発量が少ないか水分補給で帳消しになっています。

汗をかいて体重が増えるのはむくみ対策ができていないから

 

汗をかく前とかいた後はおしっこをして体重を測ると正確な変化がわかります。

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す