受験勉強とダイエットを両立させる方法

たくさんの作業から1つの作業に集中

一度にたくさんの用事ができたとしても雑になりがちです。
気が散るので重要な用事から片づけるようにしました。

 

勉強なら、あれもこれも覚えるより「今はコレ!」と決めるのです。

 

朝一番に今日の予定をチェックしながら必要な作業をノートに書き出します。先に用意した予定表とは別に紙かノートを利用します。

 

「重要なこと」「急ぐこと」順番に入れ替えます。

作業が終わればその都度消します。

 

1枚の付箋に1つの用事をかいてノートに貼ると順番の入れ替えがスムーズです。
作業終了後付箋にチェックを入れます。

 

ノートでも付箋でも多くの作業の中から強制的に「今この作業をする」という目標と「1つのことに集中」させてくれます。

 

作業終了後も捨てずに記録として残しておきます。

チェックを入れるのは脳に達成したことを伝えるのだそうです。
記録として残すのは、量が増えると達成感も大きくなるし忘れてものがないか再チックできるからです。

集中しやすい行動

【視覚タイプの人の集中を助ける行動】

読む。言葉や挿絵、図表を見る。

 

【聴覚タイプの人の集中を助ける行動】
言葉、講演などを聞く。頭で考えていることについて会話する。

 

【身体感覚タイプの人が集中しやすい行動】
考えていることを身振り手振りで表現する。考えていることを書き出する。

同書の得意な記憶法の見分け方によると、僕は視覚を優先するので集中したいと気に画像があるときはほとんど集中できません。

音楽で集中できるのか?

集中するにも作業に集中できるのかクリエイティブなことに集中できるのかで違います。

僕は音楽がない違法が集中できますその流派、好きな音楽だとリズムに流されて作業が中断するからです。

ちまたで「アルファー波がでる音楽」「集中力が高くなる音楽」がありますが僕個人は邪魔になります。
僕には脳波が出ているのか判断できませんが集中できたなら合っているのでしょう。

スポンサードリンク



コメントを残す