受験勉強とダイエットを両立させる方法

集中すれば食欲は抑えられる

僕の経験では、集中している時も空腹を忘れています。
仕事では落ち着いた空間であっても集中していると食べることを忘れていることがあります。

これは自分が集中できる環境を整えているからかもしれません。

そこで、僕がおこなっている集中するための学習法を紹介します。
受験とは関係ないかもしれないけど集中する環境作りに役立ててください。

人は3つの感覚を優先して集中する

コリンローズの加速学習法によれば人は3つの感覚のなかで「自分にあった感覚を見つけることが学習効率を簡単にする」と、紹介されています。

 

その3つの感覚は以下の3つです。

視覚(しかく:目からの刺激)
聴覚(ちょうかく:耳からの刺激)
身体感覚(しんたいかんかく:体の動きの感覚と刺激)

この3つが一つひとつの場合と複合的な刺激で学習恋率が高くなる。

学習効率が高いということは集中している事になります。

集中すると学習効率が上がりお腹も空きにくくなれば勉強もダイエットも両立できますね。

集中力を高めるために自分のタイプを知る

集中したいときにプレッシャーを感じるもの事であなたがどのタイプか判断できます。

 

周囲に見えるもので集中できないのは視覚タイプ

雑音で集中できないのが聴覚タイプ

体の動きや体の感覚が気になって集中できないのが身体感覚

怒ったときの反応でも判断できる。

プレッシャーの他にも怒ったときの反応でも判断できます。

 

ものを言わなくなるのが視覚タイプ

言葉で怒りを表現するタイプが聴覚タイプ

怒りをあらわにしてこぶしを振り上げたりものを投げ散らかす。

3つの感覚は一番得意なものが優先されます。

 

しかし、長時間考える仕事や趣味をしている人に中には痩せていない人もいます。
その違いはどこにあるのでしょうか?

次のページではその勉強をしながら食欲を抑えるコツを解説します。

スポンサードリンク



半額

コメントを残す