受験勉強とダイエットを両立させる方法

受験生の勉強とダイエットに対する考え方

受験勉強中は一般のダイエットとは全く別の考え方が必要です。

勉強優先の時期なので食事制限は一切行いません。ただしおやつや間食など余分に食べているものは制限してください。

 

その代わりではありませんが、朝・昼・晩と3回食べます。食べることで熱が生まれカロリーを消費するからです。

 

特に冬場の風邪ひきやインフルエンザを予防する意味でも食べることはおろそかにしません。

 

運動は軽めのものを気分転換をかねて行います。汗をかくことは問題ありませんが冬場は汗をかいたら体温を奪われるのでスグにふき取るか着替えます。

 

ストレッチはストレス発散のときにも使えます。ストレスで食べてしまうときは多めに取り入れます。

受験勉強優先のダイエットメニュー

受験勉強を優先したダイエットメニューは次の中から無理せずできるものを選んでください。

途中で変更や追加をしても差し支えありません。勉強の励みになることを優先すれば決まりはありません。

受験生向けダイエットメニュー

1.冬のダイエット 戦略が学べます
2.ダイエット中の果物 朝食に果物はOK
3.食べる順番ダイエット いつでもできる
4.チョコダイエット ★脳におすすめ
5.チーズダイエット おやつ代わりに
6.空腹感をやわらげるまとめ
7.噛むだけダイエット いつでもできる
8.便秘解消法 いつでもできる
9.お腹つまみダイエット お風呂でどうぞ
10.ウォーキング 気張ら気になる
11.お風呂ダイエット 代謝UP

■むくみ対策として
12.骨盤ダイエット じっとしているから必要
13.太ももダイエット 脚を動かすと脳によい

一つひとつの説明はリンク先を読んでください。

あまりにも長くなりそうなので割愛しました。

勉強がダイエットになる?

勉強すると脳のエネルギー消費が増えてダイエットになるといわれています。その根拠が脳の消費カロリーです。

安静にしているとき脳の代謝量は一日で360ckal。全身の代謝量を100とすれば20%が脳で代謝されています。

加齢とエネルギー代謝 e-ヘルスネットより引用
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-004.html

しかし勉強時間が多いだけでは痩せないという発表もあります。

* energy consumption in the brain is related to learning. In otherwords, once you’ve learned something (like mastering that chess game),the energy consumption goes down.

脳のエネルギー消費は学習に関係している。一度学んだことに関してはエネルギー消費は半減する。

引用url http://answers.google.com/answers/threadview?id=381608

このことから学習だけではダイエットは難しいということがわかりました。

せっかく勉強すれば痩せそうな流れなのにどうすれば役立てることができるのでしょうか?

勉強ダイエットの方法

「すでに知っていることに関してはエネルギー消費は半減する」のであればダイエットで利用するなら次の条件で有効だと仮定します。

今までに解いたことがない問題に集中する。

ネット上では、勉強ダイエットと称し脳の消費するカロリーに着目したダイエットであると謳っています。

「体を動かさないのに、仕事や作業をこなしながらカロリーが消費される」という都合のよい解釈がなされています。

しかし、学んだことで頭を使っても消費エネルギーは半減させるなら勉強さえすればダイエットになるという考えは正しくないといえます。

勉強ダイエットの使い方

使い方としては、お腹が空く時間がわかっていればそのころ合いをみて先の条件にあった「未知の問題」を解いて食欲を抑える。

 

これは勉強ではなく「忙しくて食べるのを我慢した後はお腹が空かない」という経験から考えると役立てられそうです。

 

忙しいのは反復作業であってもいつまで忙しいのかを考えるから空腹を忘れると解釈しています。

次のページでは勉強以外でも食欲を抑えられる方法を紹介します。

スポンサードリンク



コメントを残す