冬太り解消法

冬太り解消法

冷え性タイプ・むくみタイプ・コリタイプの人がどのような生活習慣をすれば太りやすくなるのかを解説します。

このページの全体像は下記のようになっています。

3つの生活習慣

・冷え性タイプ

・むくみタイプ

・コリタイプ

各生活習慣でタイプ別に冬太りの解消法を買お伝えします。

1.食事量が多い

 

食べては寝ているので運動すればよいのですが寒さが邪魔します。

温かさが心地よいので動けないのはどなたも経験していると思います。

 

そこで、食べ物を中心にした解消法がおすすめです。

あなたの体質にあった解消法をおこなってください。複数の体質があれば強く感じる体質をメインに他は気になった時に優先してケアを続けてください。

冷え性タイプの冬太り解消法

冷え性タイプの人が食べる量が多くなると代謝が悪いので食べたものにもよりますが「むくみ」やすくなります。

食事での解消法の基本は冷たいものをさけて温かいもの、体を温めるものを食べるようにしましょう。

ニンニク:辛み成分が毛細血管を広げる。

ホウレンソウ 貧血からくる冷え性によいといわれる。

にら 血行が悪いときの冷え性に

生姜 (しょうが);辛み成分が血液の流れをよくします。

かぼちゃ:ビタミンEが手足の先の血液循環をよくする。

黒酢 アミノ酸が多い 血行をよくする

通常の酢の摂りすぎは体を冷やす作用が強い。

 

好き嫌いや仕事なら臭いが気になる食材があります。

休日限定や好みでうまく使い分けましょう。

むくみタイプの冬太り解消法

タンパク質は不足するおとむくみやすくなります。塩分が多いのもむくみやすくします。

腸の働きをよくしておしっこでよお分亜水分を捨てるようにしましょう。

食事での解消法の基本は、塩分を控え、タンパク質を減らさない。

小豆:煮汁もおしっこを排出する物質がある。

バナナ:カリウムが排尿をうながす。

大豆:サポニンが排尿を促す。

タンパク質では鶏肉がおすすめ。

冬場は鶏肉が体を温めます。

※みそ汁などは出しを効かせて塩分を減らしましょう。

コリタイプの冬太り解消法

コリは肩こりだけではありません。イメージとしては全身が代謝が落ちて老廃物などが溜まっている状態。

酸味があるものがメイン。

酢:クエン酸がおいおい。これは体のエネルギー原になる。ダイエット効果も見込める。

  食べ過ぎると冷えますから冷え性の人は、ほどほどにしましょう。

2.外出が少ない

外出が少ないときは運動で解消します。

寒い季節なので基本的には室内の運動をしっかりおこないます。

冷え性タイプ

冷え性タイプで運動不足になれば室内の運動をしっかりおこないましょう。

脚は手の3倍の筋力があるといわれています。

脚を積極的に動かすことで、胃腸を動かし温める狙いもあります。

 

問題点は動くと汗をか着ますが、汗が引くとき体が冷えます。

汗をかくのがわかっていればスグ入浴できる環境で運動してください。

冬太り解消運動

冬太り解消運動です。

やり方

1.両肩幅に脚を広げる。

2.内ももに力を入れたまま動かさない。

3.太ももに力を入れたまま。片方の脚を反対の脚の向こう側へ移動させる。

4.反対も同じ要領でおこなう。

※脚を動かすとき、いきを 吐きながらおこないます。

脚を動かすと胃腸まで温かくすることになるので 太ももや痩せをかねて脚の運動を紹介します。

 

むくみタイプ

むくみタイプのストレッチは、指先を動かすことから始めます。

足首の運動の後に、脚にものを挟んだままねじります。

この順番でおこなうと足のむくみが引きやすいので順番は「足ゆびから」と覚えてください。

脚のむくみ解消運動

冬太り解消ストレッチ(1)

足首を上下させた後くるくるまわす。

ふくらはぎのストレッチを5~6秒

足首が動き安くなるまで続ける。

 

 

冬太り解消ストレッチ(2)

椅子やベッドで脚を伸ばしたまま行います。

やり方

太ももにクッションやタオルを折りたたんだものを挟む

両脚を浮かせて強く挟んだまま脚だけひねる。

腰に痛みを感じたらやめる。

痛みを感じた時はかかとを下ろして脚をひねってもよい。(挟む力はそのまま)

太もも痩せの運動ですが、目的はむくみ対策になります。

脚をあげられないときは、かかとを床やベッドにつけてひねることを意識してください。

コリタイプ

コリタイプも冬太り解消にはストレッチをおこないます。

股関節の前をのばします。

足を前後に開いておく。

上半身だけを起こしてください。

見ているよりけっこうきついです。

この姿勢で10秒がんばってください。

おわったら脚はそのままで反対を向いて同じ動作をします。

 

コツは股関節(こかんせつ)は動かさない。

太ももの前にストレッチがかかっていることを意識してくださいね。

やり方

1.足を前後に開く

2.上半身を起こす

3.股関節と骨盤はそのままで上半身を起こす。

4.10秒そのまま

5.後ろに向きを変えて同じ動作を繰り返す

 

 

上半身を起こしながら息を吐くとお腹が引き締まります。

回数は1~3回まで痛みを感じればすぐやめてください。

3.夜更かしが多い

夜更かしが多い生活は「昼夜のリズムが狂う」「寝ている間に痩せない」の2点が太りやすくしています。

体質別に代謝を上げる方法が学べす。

冷え性タイプ

冷え性タイプの人がすいみんふそくになると人によっては目の下クマを作ります。

頬がこけてしまうこともあります。

 

筋肉の量が少ない人は、顔は痩せて体がぽっちゃりすることが多いです。

解消法は「湯たんぽ」衣類の上からですが直接温めるのでぬくもり方が早いのが特徴。また温かさが心地よいのも好評です。

硬質のポラスチックのものより柔らかいものが体にフィットします。

むくみタイプ

むくみタイプの人の解消法は散歩。予感は厳禁です。寒いし底冷えします。

日中に光を浴びてください。日焼けが気になれば服の上からでも良いので背中を日に向けて温めましょう。

ウォーキングダイエットではありません。指先で地面をつまむようにして後ろにけりだすように歩いてください。

コリタイプ

コリタイプの人が夜更かしをすれば老廃物がとても溜まりやすいことが予想できます。

体を支えているインナーマッスルの代謝をうながし体の中からコリを解消しましょう。

やり方

・壁に背中をあてる

・手の平を壁に当てて体を支える

・脚を肩幅に開き腰だけを回転させる。

体がぶれないよいうに手でしっかり支えてください。

冬太り解消法のまとめ

冬太りやすい生活習慣は次の3つ。

・食べては寝る
・長期休暇中の夜更かし
・外出が減る

冬に太りやすい体質とは次の3タイプ。

1.冷え性タイプ
2.むくみタイプ
3.コリタイプ

1つのタイプの場合と複合タイプがあります。

冷え性タイプはこんな人

・肌の明度が暗い
 ※明度は地肌の色ではない。「キラキラしている」か「していない」かということです。

・手足が冷たい
 手が冷たいのは循環
 脚が冷たいのは胃腸が冷えている
 手足が冷たいのは全身の血流が悪い

この他にも「お腹」「腰」などパーツの冷えを感じる場合もあります。

 

むくみタイプはこんな人

・目がはれぼったい
・顔がはれぼったい
・クス下の後が残る
・すぐサイズダウンできる
・飲んだ翌日は特にむくむ
・夕方はパンプスがきつくなる

むくみと冷えが同時に起こることが多いです。

 

コリタイプの人はこんな人

・肩こり、首コリが取れない
・体が硬い
・胸や胃のあたりの詰まった感じ
・加齢臭がしている(といわれるかも)

コリが原因で太るのではなく新陳代謝が悪いということです。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す