冬太り解消法

冬太り解消法です。
この記事は冬に太る原因と冬太り解消法と予防法の3部構成になっています。

 

読むタイミングで今年の冬の解消法にも来年冬に太らないよう予防することもできるようになります。

 

毎年冬になれば太ってしまう。ダイエット期間中にも太るのはどうしてなの?冬に痩せるためには太る原因がわかると正しい対処方ができるようになります。

 

それは忘年会・クリスマス・お正月・バレンタインなどイベントが多いだけでなく冬休み・正月休み・春休みと長期休暇が多いの太ってしまう環境が用意されているようなものです。

 

ダイエットに不向きな環境でどのように痩せていけばよいのか一緒に探していきましょう。

次のページでは冬に太る原因が学べます。

冬太り解消に役立つ原因チェック

 

冬太り解消にはその原因を知ることです。

食べる機会が多く、動かない日が多いと太るのはあたり前。不思議なのは、なぜあの子はふとらないのか?その理由がわかれば冬太りも解消できそうです。

 

同じように遊んでも太らないのは、あなたと生活習慣と体質が違うから。

どのような生活習慣や体質が太りやす胃のでしょうか?

 

ここからは太りやすい原因についてお話しします。
その後にそれぞれの解消法をお伝えします。

冬太りやすい生活習慣

冬太りやすい生活習慣は次の3つになります。

・食べては寝る
・長期休暇中の夜更かし
・外出が減る

冬になればどうしてもやってしまいがちなことばかり。
短期間なら体重も増えませんし増えてもスグに戻せます。

忘年会シーズンからバレンタインまでの3ヶ月間このような生活をし続けると自分からそうし向けているようなもの。

そもそも生物は冬に太りやすいのです。
冬に太りやすくなる原因はことらのページで詳しく解説しています

1.食べては寝るタイプ

寒いので足元を温めていると思いますが、足が温かく食べるとすぐに眠くなります。その理由は脚の血行がよくなれば胃腸が活発に動きます。

 

食べたものの吸収が良くなるので糖分が早く吸収されやすいと考えられます。
鍼を脚の胃腸に関係するツボに鍼を打つと食後でも、お腹がが「グー」となることが多いのそのように思いました。

 

たとえるなら、GI値(グリセミック指数が高い食品を食べると眠くなる原理と同じです。食べ物が原因ではなく吸収が早く効率が良くなるので眠くなるのです。

2.長期休暇中の夜更かし

食べたものを吸収しやすい時間としにくい時間があります。時間栄養額と呼ばれています。

1日のサイクルで例えるとと「夜は吸収」「昼は消化」の時間を考えてください。夜更かしをするとどうしても食べたり飲んでしまいがち。

 

本来は寝ている時間で体は昼食べたものを吸収しようと働いている時に食べてもその分をすぐに吸収できないのです。

 

起きている時間が長いと食べたり飲んだりする量が増えます。そして消化吸収が遅れるので代謝(脂肪・カロリー燃焼)が遅れ太ってきます。

3.外出が減る

寒くて風邪をひいてしまうから表に出ない。風邪予防には正しい判断です。

 

しかし動かないと消費エネルギーがへります。そして動かないから体が冷えて冷えが燃えにくい体質にしているのです。

次のぺージであなたが太りやすい体質なのかどうかをチェックしましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す