冬太り解消まとめ

冬のダイエットを支える生活習慣

冬ダイエットは忘年会シーズンと重なります。

帰りが遅くなると、努めている方は運動する時間が足りなくなります。

運動系は休日に行い毎日の生活習慣を見直すことから初めてください。

ダイエットに役立つ冬の生活習慣

日常生活で特に気を付けたいのが、体を冷やさないこと。

以下の3項目は毎日でもチェックしておきましょう。

1. 防寒
2. 室内環境
3. お風呂

すべて代謝を下げないようにする工夫です。

防寒

体温が下がると代謝も低下します。どの程度ロスになるのか?

体温を1℃上昇させると、代謝が13%亢進します。

標準生理学 第6版より引用。

体温が1℃減少するだけで13%代謝が落ちるといえます。

寒い中での運動や仕事は疲れやすいのもうなづけますね。

 

防寒には風を通さないものと体温を保つ働きがあるのもを併用します。

インナーは千趣会のふんわりやわらかスーピマコットン100%長袖インナー(レディース)が温かいと好評です。

 

気を付けてほしいのが袖や襟など冷たい空気が出入りする場所が閉まるような衣類を選びましょう。

就寝時は湯たんぽで冷え性対策も行います。

湯たんぽを足元に入れると眠りやすくなるので、睡眠ダイエットもしやすくなります。

室内環境

室の温度は何度に設定していますか?

僕は22℃。自宅では暖房はつけません。足元の湯たんぽと遠赤外線マット(医療用)だけで冬は過ごします。

風呂上り、髪を乾かしそのまま布団に入るので湯冷めは起こりません。

 

室温は10℃を切ることもありますが空調を長時間つけると喉や鼻の粘膜が乾くので室温は低く体を温かくして過ごします。

冬のお風呂

冬のお風呂は必ず湯船につかってください。

寒い日にシャワーだけでは風邪をひきやすくダイエットをできなくなります。

 

湯船につかるのが苦手な人は肩までの半身浴をおこないます。

肩をタオルなどで保温して風邪ひきを予防してください。

 

お風呂暖房をしながらお湯につかるとのぼせるので体を洗う前までにしておきましょう。

お風呂ダイエットの記事はこちら

冬太り解消の運動

冬太り解消の運動は室内が基本になります。

その理由は、汗をかくと体温が下がり風邪をひきやすくなるから。

 

忘年会や会社の残業が多くなる季節なのでランニングやウォーキングをおこなう時間が限られている。

 

夏場よりも運動不足になっているので、それを補うために脚を中心動かします。

運動不足でおこるむくみ対策にもなります。

室内でできるドローイングダイエットはこちら

太もも痩せの準備運動

寒いと体の動きも硬くいきなり動かすと痛みが出やすくなります。

室内運動でもランニングやウォーキングでも使える太もも痩せ運動前のストレッチです。

太もも痩せ・ウエスト・ヒップアップのスクワット

冬太り解消のまとめ

・冬場は痩せやすい季節でない。

・激しい運動が健康を損なうので室内での運動が基本。

・運動は脚を中心にうごかす。

・クリスマス太りの解消は、11月から初めておく。

・正月太り対策はクリスマスケーキは少なめに。

・日常生活でも温めるのが基本。

・衣類は風邪を通さないものと綿などで保温するものを併用する。

・寝るときは室内温度は20℃前後にして直接体を温める。

・お風呂は肩までつかる。体力がない人は半身浴。このとき肩にタオルをおいて寒さ対策をおこなってください。

スポンサードリンク



半額

One Response to “冬太り解消まとめ”

コメントを残す