ドローイングダイエットは寝ながらできるダイエット法

お腹を引き締めダイエット効果があり誰もが簡単にできる運動がドローイングダイエット。場所もお金もかからないのでめんどくさがり屋さんでも取り入れやすいと言えるのがのが以下の5つの理由からです。

・運動する時間を作らなくてもできる

・運動が苦手でもできる

・筋肉質になるのが嫌でもできる

・座りながらできる

・仕事中でもできる

 

もちろんウォーキングしながらでも取り入れることができるので本格的なダイエットの基本運動になります。若い人はわからないかもしれないけど痛みがあって運動できないとか、お腹がつかえて動けないときにも有効なダイエット法なのでお母さん、おばあさんにも教えてほしいです。

 

僕も仕事をしながらダイエットをした時にドローイングの効果を実感しました。なれてくればいつでも、どこでも、歩きながらでもお腹を引き締め痩せることができます。

 

特別なマシンも使わず誰もが簡単にできるのが嬉しいですね。そもそもドローイングって何?から効果的に痩せ続けた、実体験に基づくやり方まで詳しく紹介します。

 

スポンサードリンク


ドローイングダイエットとは

ドローインダイエットとは、息を吐きながら、お腹を引っこませる(腹式呼吸)ダイエットです。

呼吸筋と胃腸の動きを助けることで筋トレをしなくても、サイズダウンと減量効果が期待できます。

ドローインダイエットの基本的なやり方

息を吐きながら腹筋に力を入れますが、この腹式呼吸が難しい。そこで簡単な腹式呼吸の方法から写真うつりを良くするために、お腹をへこました経験があるなら簡単です。

1.お腹をへこます。
2.そのまま息を吐く
3.腹筋がキュっとしまるのを感じる
4.今度は息を吐きながらお腹に力がはいるのを確認できれば息を吐く間腹筋に力を入れる。

3はお腹で意識するのが難しければ手を当てて置くと筋肉が固くなるのがわかります。それでもわからない時は、横向けになってお腹の肉が床の方に垂れます。天井側の横っ腹に手を当て息を吐くと筋肉が動くのがわかります。

寝ながらお腹を引き締めるドローイングのやり方

腕をあげておこなうと腹筋がストレッチされてより効果的です。腕が痛い時はいたくない範囲で上げるか腕を下ろしたままでおこないます。猫背で首がつらいときは枕を使っておこないましょう。

 

手順は3ステップです。

1.天井にお腹を向けてバンザイ姿勢でねる。

2.バンザイしたまま背伸びで脚を伸ばす。

3.2背筋を伸ばしながらドローイングをおこなう。

80歳の女性にこの方法を説明したら次の2点が難しいことがわかりました。

・呼吸が難しい

・息と体が同時に動いてうまくできない

解決法は呼吸ができるようになってから背伸びをするようにすればうまくいきました。年齢に関係なくどなたにでもできるダイエット法です。

寝ながらおこなう13のメリット

ドローイングのメリットはダイエットだけでなく健康面でも役立ちます。個人差はあると思いますが僕が感じた体の変化を以下にリストアップしています。

1.背筋が伸びる

2.姿勢がよくなりお腹が引き締まる

3.腹筋のほかに、お腹周りの筋肉が立体的に引き締まる

4.股関節や脇に溜まりやすいリンパ節がや和らぐ

5.普段使わないような筋肉も動かすので顔色が明るくなる

6.足のむくみ対策にもなる

7.リラックスできる

8.肩こりが和らぐ

9.朝におこなうと目覚めがよい

10.ケガなどのリスクがない。

11.呼吸が楽になる。

12.外出できない方、雨の日や夜間でもできる

13.個人差はありますが便通がよくなる。

これだけ良いことがあれば例え痩せなくてもやってみたくないですか?

心配性のかたはデメリットも読んでください。

寝ながらドローイングのデメリット

上半身を起こすほど力むと血圧が上がりかねない。反り腰の場合、腰痛が悪化することも寝ながらにかぎらず、長く息を吐きすぎると血圧も上がりやすいので止めてから20~30秒までにしてください。

 

そんなに力まなくてもお腹はひきしまるので上半身を起こさず、痛みがない範囲なら安心しておこなえます。デメリットではないけどオナラやゲップが出ることもあります。

椅子に腰かけてもできる

電車内や家で携帯・テレビを見ながらもお腹を引き締めることができます。ソファーは腰が沈み姿勢が悪くなるのでイスや正座でおこなってください。

1.背もたれまで深く腰掛ける。

2.背筋を伸ばし下腹部に手を置いて腹筋をさわる。

3.お腹を引っこめたまま、息を吐く

4.腹筋の動きや硬くなるのを確認

5.ゆっくり息を吐き、10秒程度止めてから息を吸う。

 

電車内や会社など人前では、息を止める時間は3~5秒と短めにしないと呼吸が荒れるので不自然です。お腹の引き締まりを維持するようにおこなってください。

立ったままでも家事をしながらでもできる

息を吐くときに腰が曲がり気味になるのではじめは壁などに背中を当てて息を吐く。

慣れてくれば、腰を曲げずに骨盤から腹筋に力が入るのがわかります。

炊事中お腹に力を入れながら調理が可能です。

鍋などを動かすときは、下腹に力を入れておくと腰痛予防にもなります。

歩きながら下半身痩せ

立ったままドローインの応用は歩きながらおこなうとより下腹部が引き締まります。反り腰の人は痛みを感じたら寝てドローイングしてください。

 

歩く前に、腹筋に力を入れておきそのまま歩き始める。吐く息を止めて、歩くと腹筋の締まり方がよくわかります。息苦しくなれば通常の呼吸に切り替えて落ち着いたらまた始めます。

 

ウォーキングダイエットと合わせて行うととても効果的でした。デメリットは、会話しながら歩けない。

ドローインは、いつどれだけやればいいの

やろうと思えばパソコン入力中でも会議中でも歩きながらでも、いつでもどこでもできます。デメリットですが、長く息を吐き続けると頭痛や顔が赤くなったり、頭がぼ~っとします。

血圧もあがることが予想できますので年齢にかぎらず、1回の吐く息で20~30秒までを目安に息苦しくなる前に終わらせてください。

 

座っておこなうとき、人前でおこなうときは状況により息は3~5秒止めるようにしましょう。1回を長時間するよりも回数が多いほうが、僕は引き締まり痩せました。

ドローインダイエットの効果 1ヶ月で2キロ減少

50代女性 主婦 1ヶ月でマイナス2キロ。

40代女性 営業 1ヶ月でマイナス2キロ。

日常生活でほとんど体を動かさなくても痩せています。

 

お二人には、寝ながらドローインをしてもらっていました。

僕が感じた体の変化は以下の5つ

・下半身が安定するので猫背姿勢が伸びた。

・腰痛を感じなくなった。

・肩こりの筋肉が和らいだ。

・お腹が引き締まり体重も減った(2ヶ月で3~4キロ)。

・履けなくなったズボンが履けるようになった。

ウォーキングやランニングもいいですがいつでもできて健康にもよいのでダイエットの基本メニューにするべきです。

ドローイングダイエットは寝ながらできるダイエット法のまとめ

・ドローイン(深呼吸)ダイエットは運動せずに、お腹が引き締まり体重も減少しやすいダイエットです。

・寝ながらでも、家事や仕事をしながらでもお腹を引き締めることができます。

・腹式呼吸さえ覚えれば、誰もがいつでもどこでもでき道具も使わないので費用もいりません。

・始めは、息を吐くときに腰を曲げそうになるので、姿勢を伸ばしたままおこなってください。

・僕の経験ですが慣れてくると、歩きながらでもできてウォーキングと組みあわせると体重も落ちやすくなります。

・息を吐き過ぎると気分が悪くなったり、めまいがしたりすることもあるので30秒までにしておいてください。

スポンサードリンク



コメントを残す