チョコダイエット効果は高カカオチョコで実感

チョコダイエットのやり方

食べるのはカカオ70%以上の高カカオチョコです。

市販されているものは70%~99%で数値が高いほどポリフェノールが高くなります。銘柄は味や好みで選んでください。

 

食べるタイミングは食間(しょっかん)で朝と昼の間か昼と夜の間に食べる。
食前に食べて食事を減らすやり方には賛成できません。余分なカロリーは減量しても栄養は必要だからです。

食べる量ですが、僕は「チョコレート効果86%」の1袋を半分に折って食べます。残りは空腹感を感じたら食べています。

こんな感じです。

チョコダイエットは1日にどれだけ食べればよいのか

決まりはありません。好き嫌いや、体格、運動量、年齢などで変わります。ポリフェノールがダイエットに影響するのでその量で判断します。

生活習慣病の改善などの健康効果を期待するには、1日に200~500mgぐらいのカカオポリフェノールを、毎日、何回かに分けて摂取することをおすすめします。

引用サイト 日本チョコレート・ココア協会 
http://www.chocolate-cocoa.com/lecture/index.html

商品により1枚づつ袋にいれて小分けしているものもあれば、バラバラの状態で入っているものもあります。

 

カカオの量でも変わりますので栄養成分表をチェックしてください。チョコレート効果86%では1袋あたりの量は147mgでした。

変化がわかるまで自分の適量を加減しますがやはり体重や体の変化は記録しておくとわかりやすいですよ。

食べ方が重要

噛んで食べると空腹感は和らぎません。人によってはお腹が空きます。

口を閉じていると舌が上あごに収まります。
ここに先ほどの半分のチョコをのせておくだけ。時々なめてしまいます。

少しづつ体に入れる方が空腹感を感じにくいことがわかりました。

 

僕はチョコレート効果70%・86%・95%で試しましたが86%を食べています。
好みにもよりますが、95%は渋くて舌がカラカラになるのであきらめました。古代人のように飲んだ方がマシな感じです。

ほかのダイエットをしてはいけないの?

結論から言えば併用すべきです。運動系なら相性がよいし食べる順番ダイエットもお勧めです。ただしココアダイエットとチョコは親戚なので朝はココア。他はチョコというように時間をずらしましょう。

 

空腹を食べ物で紛らわせる方法として当ブログでは「おしゃぶり昆布ダイエット」をおすすめしていますが同時に食べないとは思いますができればおいしくダイエットしてほしいです。

どのぐらいの期間つづけたらいいの?

これは自由に決めてください。目的が便通なら必要な時だけでも良いですし、イライラしたときにストレス発散とダイエットを同時にするのもいいですね。
もちろんずっとつづけても良いでしょう。

次のページでは高カカオチョコの選び方と食べる量が学べます。

スポンサードリンク



半額

One Response to “チョコダイエット効果は高カカオチョコで実感”

コメントを残す