ダイエット運動は食事の前後どっちがいい?お風呂はいつ入る?

仕事が終わり運動するなら運動、食事、入浴の順番がベストだと一般的には言われています。確かに仕事が終わってからならその順番がよいと僕も思います。

本来なら食事、運動、入浴の順番が最も痩せやすいのです。

痩せやすいのはこの順番にダイエット効果があるのではなく健康的な生活習慣の順番なのです。なぜこの順番が良いかは消費カロリーよりも血流に鍵があります。その前にどの順番がよいか整理しましょう。

運動後の食事が痩せやすい理由

空腹を感じた時に人は痩せやすいのは血糖値が低くなっているからです。それは空腹時に脂肪が消費されるから。

言い換えれば「脂肪が燃焼しやすい時に運動してさらに燃焼しましょう」ということです。

食事、運動、入浴の順番が最も痩せやすい理由

仕事を早く終わって時間があるならこの順番が健康的なダイエットが出きるのです。体に負担をかけると胃腸にムリがかかるので体調不良で運動だけでなく仕事にも影響することを心配します。次にその理由を解説します。

食後の入浴は時間を空けてください

ダイエット中の生活習慣の順番を運動、食事、入浴と書けば時間を空けずに連続でこなイメージがあります。しかし、消化が悪い人には続けるのは難しいのです。

その理由は、食事中は消化システムに血液が集中し運動時は筋肉に血液が集中します。つまり食事と運動を連続しておこなうとどちらも中途半端になり痩せにくく不健康になります。

体ダメージが大きいのが消化吸収への影響です。それを防ぐには、食事と運動の時間は開けてください。

運動と風呂も時間を空けてください

お風呂の後にダイエット運動で汗をかく人は少ないと思いますので割愛します。入浴後はかるいストレッチで眠気を誘うようにしてください。お風呂前は約30分は時間を空けてください。これも血流が関係します。

運動時には心臓と筋肉に血流が集中しています。入浴時には温かさで心臓と血管に負担がかかっています。そして水圧が下半身を圧迫するのでその分心臓と脳内血管への圧が高くなっていると考えます。

これがなぜ体に負担になるのかというと、心臓や脳への血流が多くなると睡眠に影響するからです。

質の良い睡眠はダイエットにも効果的

今回のテーマが運動と入浴睡眠の順番ですが目的はあなたのダイエットを成功させることです。仕事が終わってから全ての日常生活をダイエットに役立てるには順番よりも1日のリズム全体で考えましょう。

仕事が終わってから時間があまりない人のダイエット運動

時間があれば食事、運動、入浴、睡眠の順番がベストです。しかし時間がない人がほとんだと思います。その時の対応策としては次の2つの対抗策があります。

1.休みの日にまとめて運動する
2.ながら運動をおこなう

休みの日にまとめて運動するのは説明は不要だと思います。日常生活の動作にダイエット運動を取り入れることです。

例えば、スマホ操作中にドローイング(腹筋に力を入れながら息を吐く運動)。

スマホゲームや読書中でも体をひねって腹筋と深呼吸などを組み合わせるだけでダイエット運動は可能です。

時間をかけずにダイエットをおこなうには小さな努力も取り入れてください。

理想の仕事帰りのダイエット生活

あくまでも理想のモデルケースです。
取り入れることができるものだけ取り入れてください。

食事

時間を30分は空ける

運動

・30分クールダウン(ゆったり過ごす)

・ストレッチ(筋肉のクールダウン)

入浴

小顔マッサージ(リラックス)

睡眠

 

小顔マッサージはリラックス効果もあるので寝る前に取り入れてください。

まとめ

ダイエット運動をどの順番でおこなうかに痩せる効果は期待できません。順番が大切なのは体調を崩さずにダイエットを続けることです。

 

そのためには運動のタイミングと食事と睡眠との時間です。順番が良くても連続でおこなうのは避けましょう。

 

仕事で時間が取れない時は、休みの日にまとめて運動をおこなうか、日常生活の中でこまめに運動を取り入れることです。

 

睡眠もダイエットには役立つので1日のリズムでダイエットを取り入れてください。無理をして体調を崩さないことを最優先してほしいと思います。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す