ダイエット中の果物の摂り方

3ヶ月で11キロダイエットに成功した20代女性に対しおこなった果物の摂り方をシェアします。

 

ダイエット中はカロリー制限や食事量を減らすことを中心に考えがちですが栄養補給こそ大切です。

断食がよいとか1日2食が良いとかいろいろな説がありますが肥満度や年齢、筋肉量、生活習慣で食べ方は変わるべきです。

僕は朝食をしっかり食べて1日分のエネルギーを補給して体を動かし燃焼させることを基本に考え30キロ痩せました。

 

本件は、仕事からの帰宅後ランニングとウォーキングを交互に約1時間、そのご体を引き締めるエクササイズをしている方が「どうしてもみかん類を食べたい。でもいつ食べればよいかわからない」という質問にお答えした内容で運動量が少ない方、体を動かせない方には向いていませんのでご了承ください。

 

朝食にフルーツやヨーグルトを摂る目的はビタミンやミネラル、酵素を補給する。そのタイミングも1日の始まりの朝に摂ることは僕も合理的だと思います。

朝バナナダイエット「単品を食べるだけで痩せる」などはやりますが一番多く含まれる「糖分」に注目してみた結果、直接的なダイエット効果より置き換えダイエットになっていると考えます。

 

肝心の果物は食間に取るのが太りにくいタイミングです。そのためには食べる順番ダイエットをしているのが条件です。

食べる順番ダイエットの詳しい方法はこちら

 

糖分が朝のフルーツが脳の栄養にも中性脂肪にもなるので生活様式でフルーツを食べるタイミングを変えるのが正しい食べ方です。

脳の栄養面や代謝面(冷え性)、帰宅時間をテーマにそれぞれの視点で、減量中のフルーツの摂り方を紹介します。

 

スポンサードリンク


朝の果物は、脳の栄養補給

朝食を食べると、体温が上がり代謝が良くなる分元気で過ごせるようになります。朝の果物は、脳の栄養補給にもなるのは、寝ている間も脳は活動して朝は栄養が不足しているからで、ダイエット中なら食事制限を行うと栄養はしっかりと補給したいものです。

 

夜は、いつも熟睡できると限らないので習慣的に補給しておくのが脳の栄養面で朝に果物を食べて欲しい理由です。

果物は体が冷えるから朝に食べてほしい

南国原産のフルーツが多く体を冷やす性質があります。冷え性の方はもちろんオフィスでクーラーが効きすぎる場合も夜に食べるのは控えるのがベスト。

朝食を食べると体温があがるのでクーラーのダメージを弱めてくれますから健康面でも朝に食べてください。

動画 果物はいつ食べたらよいのか?

 

果物を食べるタイミングがよくても前日の晩ごはんも影響する

脳の栄養はブドウ糖だけです。

 

糖分の末路ですが、くだものに含まれる果糖は肝臓に入ってブドウ糖に変わりますが、余った果糖は中性脂肪に変わります。

肝臓に入るのに先着順で脳の栄養にも中性脂肪にもなります。

  • 一度に果物を摂りすぎた場合。
  • 前日の過食や夜食の影響で肝臓の処理が遅い場合。
  • 慢性的にストレスや飲み過ぎで肝臓が疲れている場合。

だから、肝臓への負担を軽くする食べ方がよいのです。

勤務している方は、朝食前に食べるのがベストですが、理想は食間に食べてほしいです。

ダイエット中に果物をいつ食べたらよいのか

肝臓に負担をかけずに、食べるには食間に果物を食べる。

1回に食べる量を減らすと肝臓に栄養として取り込まれやすく食べる回数が増えても果物が中性脂肪になりくくなります。

朝食ダイエットでフルーツダイエットとヨーグルトダイエットをしたらどうなるのか?

ここまでくれば、もう何が正しいのかわからなくなります。僕自信、夜が遅くなる事が多いので、朝食はコーヒーとヨーグルトが多かったのですが、最近はその時より、もう少し食べるようにするとカラがポカポカしてその日の仕事量が格段に増えました。

 

僕が思うのは、痩せるために食べるのではなく、栄養を摂ってたくさん働くほうが結果的にダイエットになると思っています。

フルーツの栄養でも考えてみた

ビタミン・ミネラルや酵素を含んでいるから食べるタイミングが大切ですが、ここでは栄養価についても朝に食べれば本当によいのか考えてみます。その栄養素ですが、文部科学省科学技術・学術政策局制作課資料室で栄養価を評価しているサンプルはどのように決めるか電話で取材しました。

 

日本食品標準成分表 2015年版には、市場で一番多い時期や場所で6~7製品もしくわ、産地別にサンプルを選びその平均値が標準成分表に記載されているのです。くだものに関しては、専門家が選んだものをサンプルに使うそうです。

 

まとめると、誰もが購入できて一番多く出回っている時期や場所の平均値と言えます。例えば、夏のスイカと冬のスイカでは栄養価が一定していないことになります。「ビタミンなどが多いから朝に食べれば美容にもダイエットにもよい」ということよりも、安定して多く含まれる「糖分」で健康面で考えたほうが良いのではないでしょうか?

 

そして、糖の代謝をする肝臓に負担をかけない食べ方がベストということはすでに延べたとおりです。

ダイエット中、夕方に食べたほうが良いくだもの

減量をしていたら、夕方にバナナを食べると、夜にガツガツ食べたくなりにくいので、食事量調整の目的で、バナナで小腹を満たしておくと我慢の量も少なくなりますね。減量中でなくても、夜遅くまで仕事をして食べる時間が遅くなる方に取り入れてほしいです。

そんな余裕もないときは手っ取り早く体に良いものを補給してください。

 

「仕事が忙しく買い物に行く時間がない」「果物を食べた後の口臭が気になる」「疲れすぎて食欲がない」このような毎日を送っていたら生酵素ドリンクが時間もかからず同時に栄養補給もできるのでおすすめします。

健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素

ダイエット中の果物の摂り方のまとめ

・朝食を摂ったほうが体温が高くなり元気に過ごせます。

・果物は朝に食べると体お冷えにくく脳の栄養になる。

・食べるタイミングは食前に。

・肝臓の働き次第では栄養にもなり中性脂肪にもなる

・肝臓の負担を和らげるため食間がベスト。

・勤務中は難しいので、食前が良いでしょう。

・果物の栄養価は季節で変動するので、朝の果物は脳の栄養を補うと考えます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す