クリスマス太りを解消するダイエットの方法

クリスマス太りを予防する食べ物

普段の生活で低カロリーのものを選ぶとクリスマス太りの予防ができます。

ハンバーグとステーキではステーキを選びましょう。
前者のカロリーは200gで375kcal
後者が125gで341kal
ソースはこってりしていないものを選んでください。

 

チキン南蛮とヒレカツではヒレカツを選びましょう。
前者のカロリーは510kcal
後者が125gで396kal

タルタルソースが高カロリーです。

参考文献 どっちが太らない? 枻出版社

ケーキは低カロリーのものを

食べる機会にそなえて普段食べるなら低カロリーのものを選びます。

ミルフィーユ 459kcal
ショートケーキ 342kcal
チーズケーキ 257kcal
どら焼き 222kcal
プリン 193kcal
ティラミス 193kcal
パンナコッタ 162kcal
ゼリー70kcal

クリスマスデートや忘年会のデザートは選べません。
そんな席でこだわりを見せるのは悪くはないけど、ひんしゅくをかわないようにしてください。

参考文献 どっちが太らない? 枻出版社

クリスマス・忘年会でお勧めできない肥満予防法

食事量を減らすとネット上では奨励されています。しかし忘年会などでみんなが食べている環境で一人だけ我慢するのはストレスになります。

先にも紹介した食べ方を工夫することで我慢せずダイエットをおこないましょう。

 

食べ方の工夫で「よく噛むダイエット」がありますが会食の席で会話しにくいので一人で食べるときにしておきましょう。

食べるものを低カロリーのものに変えるのは一人での食事なら僕もお勧めしますがクリスマスや忘年会で幹事にでもならない限り出てくる料理は選べません。都合よく低カロリーのものがあれば優先して口にするのはいうまでもありませんがメニューを選べないので現実的ではありません。

クリスマス太りの原因運動不足

冬場は日が落ちるのも早く気温も急に下がります。
外での運動と室内での運動をバランスよく取り入れることで1日単位の運動量を減らさないように工夫しましょう。

例えばウォーキングをして帰宅。帰宅後に脚の運動を中心におこなう。

ランニングは日が高い日中に走る。

室内運動ならドローイングダイエットがおすすめです。

 

運動での消費カロリーも大切ですが、運動後に風邪をひなないよう「着替える」「汗をぬぐう」など体温を奪われないようにしてください。

ドローイングダイエットのやり方はこちら

クリスマス太りを解消するダイエットの方法まとめ

・クリスマスシーズンは太るものだと気を付けておく

・クリスマス太り解消するには予防が一番

・長期的な予防と短期的な予防がある。

・クリスマス太りを予防する食べ物は低カロリーのものを

・クリスマス太りの原因は運動不足もある。寒い日は室内と屋外の運動の割合を室内を多めに。

・運動後は体温の管理をこまめに。(着替え・汗ふき)

スポンサードリンク



スポンサードリンク



2 Responses to “クリスマス太りを解消するダイエットの方法”

コメントを残す