ウエストがキツイ!来週までに何とかしたいと急いでいる人の短期間ダイエット

お腹のどこを引き締めたいですか?

 

ウエストのサイズダウンをするにもどこが痩せるかによって服をきやすくなり、見た目も変わります。服を着るなら最初に脇腹から引き締めて下腹のたるみを取るようにします。
時間に余裕があればヒップや脚も同時におこなうと仕上がりが自然になるでしょう。

脇の肉がスカートの上にはみ出している

脇肉がはみ出す理由は、太っているからですが腰を曲げて座っていると目立ちます。脇腹の肉が一番取れやすいので最初にここから取りかかります。

やり方
1.肩幅に脚を開く

2.両手を広げたまま前かがみになる

3.手で反対のつま先を触るように交互に動かす。

右手で左のつま先を触る
左手で右のつま先を触る

このとき脇に圧がかかるように動かしてください。

ポッコリ下腹を凹ませたい

脇の次に下腹を引き締めます。ココが目立つのは、食べたものが小腸にあるときに目立つように思います。
気力がない。元気がない。声が小さい。といわれる人にも多いです。

対処法
おへそを上にして横になり下腹に手のひらをあてておく。

1.背骨を床に押し当てる。
このとき下腹に力が入っていればOK

2.腰に力を入れたまま、両脚を直角までゆっくりあげます。
息を吐きながら脚をあげましょう。

3.脚があがったらお尻の穴を絞めます。
下腹がより強く引き締まります。

1~3を毎日3~5セットおこなう。
食べ過ぎなければ運動だけで引き締まることが多いのでイベント当日まで頑張ってください。

ビール腹を何とかしたい

一般的に腹筋が弱くなるとビール腹になるといわれています。太っていても腹筋を触れば6パックがある人でもビール腹なので腹筋のたるみだけではないように思います。

どちらかといえば猫背の人に目だっています。背筋と腹筋のバランスが悪くお腹全体が出てしまうようです。姿勢が良くてもビール腹の場合食べ過ぎた時にお腹が目立つときは食事量が多すぎです。

ビール腹を引き締める運動

腹筋と背筋を同時に動かします。

お腹を床につけて横になります。

両脚を広げ、両手でバンザイ姿勢で待機。

1.伸ばした右腕と左脚を同時にあげて3秒止める。

2.伸ばした左腕と右脚を同時にあげる3秒止める。

この動きを交互におこないます。

腕と脚を上げるときに息をゆっくり吐きます。
降ろしたときに息を吸います。

腕と脚を上げるときに背筋が引き締まり、3秒止めている時に腹筋が引き締まっています。

首が痛い時は効果は弱くなりますが立ったまま同じ動きをしてください。壁に手をついて体を支えながらおこなうと転倒防止になります。

次のページでは、お腹以外の気になる場所の引き締め方法を解説しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す