お風呂でダイエット効果を高める方法

お風呂ダイエットで痩せられる理由

入浴効果とは別に入浴による温熱効果は基礎体温を簡単に上げる方法です。

むくみで太っている人は水圧によるむくみ対策になるのでサイズダウンも期待できます。

間接的なダイエット効果は基礎代謝があがり睡眠中でも痩せやすくなります。

お風呂に入っていますか?

お風呂ダイエットは湯船に浸かることです。
湧くまでの時間がもったいないからシャワーだけで済ませている人が年々増えてきています。
冷え性で眠られないと睡眠ダイエットのあわせ技ができません。

お風呂ダイエットの方法

湯に浸かるだけでも足元にかかる水圧でむくみ対策になりサイズダウンが見込まれます。

身体を温めたことで代謝があがると消費カロリーが増えて太りにくくなります。
ダイエットだけでなく様々な健康効果があります。

お風呂ダイエットとは?消費カロリーは?

健康づくりのための運動指針2006によると入浴の運動量は1.5メッツ。

湯船に座って湯につかるだけの状態の消費カロリーを下記の簡易計算式で求めました。

消費カロリー(Kcal)=1.05×メッツ×時間×体重(kg)

 

体重と消費カロリーの一覧です。

50キロ 15.8Kcal

55キロ 17.3Kcai

60キロ 18.9Kcal

65キロ 20.4kal

70キロ 22kal

75キロ 23.6kal

80キロ 25.2kai

湯船に入るだけではカロリー的にはさしたる筋ではありませんが入浴法を変えることで自律神経に働きかけたり運動をくわえることで消費カロリーが高くなります

基礎代謝が上がると寝ていても痩せやすくなる

寝ている間に痩せたらいいと思いませんか?
これはだれにでも起きていて基礎代謝の働きなのです。

寝ても痩せないのはそれ以上に食べすぎている場合や体温が低下しているときは体重も落ちにくい。
これを改善するには運動と入浴で体温を高くする習慣を作ることが重要。

バスタイムはダイエットと冷え性改善タイム

なぜお風呂がダイエットと冷え性対策になるのか?それは温熱刺激と水圧が代謝とむくみ解消に役立つからです。

基礎代謝が上がれば体温が上がります。体温が上がった状態とそれ以前と比べると同じ運動をおこなっても消費カロリーが高くなり痩せやすくなります。

代謝が悪いと「足のむくみ」を伴うことが多く入浴時の水圧と温熱刺激が体温上昇とむくみ対策になります。

スポンサードリンク



半額

One Response to “お風呂でダイエット効果を高める方法”

コメントを残す