お粥ダイエットの効果は正月明けが一番

おかゆダイエットの期間

正月明けなら最低1食から~~成人の日の連休が終わるまでの期間。毎日でなくても夜だけなので続けて欲しいです。コンビニやスーパーでも簡単に購入できるのでまとめ買いをしておくと続けやすいでしょう。おかずも「焼き鮭」をほぐしたり「卵」を落としたり。あっさりしたものを選びましょう。

 

おかゆダイエットだけで痩せるには半年程度はかかると思います。その理由は白米とくらべて30kcalしか変わらないから。おかずも合わせるなら相応のカロリーを減らせるので期間は食事内容で大きく左右されます。短期間で痩せるには長期休暇明けで太り気味になったタイミングが一番です。

夏やGW明けでも効果はありますが、暑くなる季節におかゆを選ぶ人も少なくお正月明けがおかゆダイエットには一番効果が出やすいのです。

おかゆダイエットの注意点

おかゆを食べているからとお昼に食べすぎない。白米1杯と1食のカロリーが30kcalしか変わらないので油断しないで1日の総カロリーも意識してください。

 

塩分を摂りすぎない。調理するなら加減できますが、レトルトパックのものを利用するならおかずの塩分は控えめに。本記事では短期間で1日夜の1食なので悪影響は少いと思いますが塩分が多いと足の冷えとむくみが出やすくなリます。長期間続ける場合は塩分も意識しましょう。

腹持ちが悪いので夜に食べます

おかゆのデメリットは腹持ちが悪いこと。空腹で夜食やお菓子を食べるとダイエットどころか逆に太ってしまうので夜に食べてください。
食べごたえがなくてもよく噛むと空腹感を感じにくくなります。

お粥ダイエットの効果は正月明けが一番のまとめ

・年末年始は飲食や多く脂っこいものを食べて太ったタイミングでおかゆダイエットが効果的。

・胃腸にも優しく健康的。

・腸の内容物を少なくすることで体重を減らすことができる。

・長期間続けると減量効果も大きくなる。

・デメリットは腹持ちが悪いこと。

・晩ごはんにおかゆを食べることで空腹感を克服する工夫がいる。

・よく噛むことで満腹感がえやすい。

・おかずもあっさりしたものが合う。

・おかずによって減量効果が左右される。

・塩分を控えめにする。

お粥ダイエット編集後記

長期休暇や海外旅行から帰ったときはおかゆで腸内の環境を整えると健康的なダイエットができます。月曜や日曜など食べすぎた明くる日など週1~2回取り入れてカロリー制限するのが理想的。

断食するよりは身体への負担が少なく、晩ごはんをお粥にするとリバウンドで食べすぎることを防げます。
味覚が飽きてしまわないように上手く取り入れてください。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す