お粥ダイエットの効果は正月明けが一番

お粥ダイエットは白米の代わりにお粥を食べてカロリー制限を目的としたダイエット法です。
太る原因といわれる炭水化物でも食べ方を変えるだけで痩せる効果があるのです。

 

正月明けは運動不足とおせち料理や外食が多く太ってしまいがち。
そこで春の七草粥の習慣をダイエットに取り入れて腸内環境を整えて年末年始の食べ過ぎをリセットしましょう。

忘年会シーズンから飲み過ぎ食べすぎで胃が重くなっている時にもオススメです。

 

おかゆ1食のカロリーは170Kcalで白米茶碗1杯が200kcalなので普段の食事よりも30kcalカロリーを抑えることができます。

ネット上でも「2キロ痩せた」「肌にもよい」といった口コミを見受けます。

 

しかし、お粥を口にしたことがある人が心配しているのは腹持ちの悪さではないでしょうか?
痩せたとしても「すぐお腹が空いて余計食べてしまうのでは?」そして「食べ飽きて続けられそうにない」「1日中お腹が空いてそう」とマイナスイメージを持たれているかも知れません。

そこで本記事では、口コミのようにおかゆを食べて2キロ程度なら比較的に短期間で痩せる方法を紹介します。

 

スポンサードリンク


 

スポンサードリンク



半額

コメントを残す