【運動ダイエット】1番痩せる時間帯はいつ

運動してもなかなか痩せない。サイズダウンしたのに体重が変わらない。他にも痩せる運動を試しても変わらない。

痩せないのは運動が合ってないのか量が少ないのか?これ以上運動する時間がない。痩せるにはどうしたらいいの?という悩みを解消する方法のひとつに時間帯を意識する方法があります。

消費カロリーが多ければ痩せるのになぜ時間が関係するのか?という疑問を先に解消したいと思います。
同じ運動をおこなってもAは脂肪が燃焼されやすくBはいままで通り。ならAとBどちらがよいですか?

夕方が体温が高く成長ホルモンが増すから一番痩せる時間帯とされています。しかし、多くの場合仕事中や夕飯の買い物で一番忙しい時間帯なのでダイエットや運動する時間ではありません。
夜遅く運動するのは健康に良くないし、、、いったい何時運動すればよいか考えてしまいますね。

 

これらは成長ホルモンが分泌される時間を元に痩せすい時間とされています。
僕もこの時間帯がベストだとは思いますが、先にもふれたように運動できない人が多いので情報としてダイエットにも不向きだといえます。

そこで僕が注目したのは「成長ホルモン」を分泌するホルモンです。分泌と抑制の働きがあります。このホルモンを活発にしたほうが実生活に合わすことができ時間がない人も効率よく運動ダイエットができるようになると考えました。

例えば主人公が都合がよい時に特別な能力を発揮するように必要な時にホルモンが出せたらいいですよね。どうやらこの分泌ホルモンはある程度コントロールができるそうなのでその方法を解説します。

スポンサードリンク


運動ダイエットと成長ホルモンの関係

睡眠ダイエットなどで目にした方も多いのではないでしょうか?脂肪分解作用があるので注目されています。
痩せるならドンドン出したい!ということは期待しないでください。

運動しても痩せないならうまく利用したい。自然な形で分泌されるのをうながしましょうというのがこの記事の目的です。

成長ホルモンとは

専門的には以下のような説明になります。

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンで、小児期には背を伸ばす作用があり、成人になってからは筋肉や骨や皮膚を強くする作用があります。なので、成人したら成長ホルモンは不要というわけではなく、体を良質に維持するうえで必要なホルモンなのです。成長ホルモ
ンには脂肪を分解する作用があるので、成長ホルモンが足りないと「メタボ」になってしまいます。逆に「メタボ」の人は成長ホルモンが出にくくなっています。

引用 日本医科大学老人病研究所疫学部門 教授 南 史朗
ホルモンの話 https://www2.nms.ac.jp/ig/soudan/pdf/NewsletterVol3(A4).pdf

古い情報を参考にしているサイトでは、夜の10時ごろピークに分泌されるといわれています。しかし実験データーでは大きなピークが昼・夕方・夜の3回周期。そのほかランダムに分泌されているようです。

周期は生活リズムと重なるので動かせないものとします。

ではどのように利用するのか?次のページから解説していきます。

スポンサードリンク



半額

コメントを残す