【ダイエット】足のマッサージ効果を高める方法

脚の部分痩せマッサージ

ここからは筋肉を緩める作用を使います。
なので強くしない。痛みを感じてはならないのです。
静かにそっとマッサージをおこないます。

気になる場所別に解説しています。

太ももが気になる場合

内太もものたるみ」と「前後の厚み」に対するマッサージです。

内太もものたるみ対策

マッサージの目的はリンパと静脈の流れを促進すること。

痛みを感じるようなマッサージはしてはいけません。

やり方

使うのは手のひらにある指のつけね

これを自分の内ももへ向かってゆっくり押しいれます。

③②①の順番で面向きに抑えて入ります。

太ももの前後の厚み

筋肉が発達している人スポーツなどで鍛えられた脚は太ももの前後に厚みができます。

ラグビーなど踏ん張る動きが強いスポーツは全体的に丸くボリュームがあります。

対処法はとにかくマッサージで緩めることです。

 

筋膜はがしは急激にスリムになります。しかし急激な筋力低下も招きます。

運動しないから関係ない!と、思う方もいらっしゃると思います。

 

太ももの筋肉は大きいので血液をたくさん蓄えています。

経験上、脚が細すぎる女性は生理痛や生理不順の傾向があるように思うのです。

生理に関しては食べ物や生活習慣の影響が大きいのですがそれを指しい引いても痩せすぎはリスクがあると思ってください。

 

それに太ももの急激な部分痩せはお尻やふくらはぎが太って見えます。今回紹介する痩身マッサージは緩やかな変化ですが体へのリスクがなくきれいに痩せていく傾向が強いです。

やり方

 

ふくらはぎの緩め方

ふくらはぎには3本の筋肉があります。

足首を動かすと動くのが見えるのが2本(腓腹筋:ひふくきん)とその奥にひらべったい筋肉(ヒラメ筋)が1本。

深い筋肉から緩めます。

手でほぐす方法とソフトビニールボールを使っておこなう方法があります。

後者の方がお金がかかりますがテクニックも必要なく手軽にできるのでおすすめです。

 

ふくらはぎの緩め方2

ここでは足首を動かすと動くのが見える筋肉の緩め方です。

太ももと同じ手の平で挟んで緩めます。

太ももの近医くは持ち上げました。ふくらはぎでは脚の裏にむけて骨から引きはがすように緩めます。

 

 

足首を動かすとすねで動く筋肉。ここがパンパンなのは、すり足のような歩き方をしているからです。

 

やり方

手を軽くにぎったままでこの筋肉をトントン叩きます。

痛みを感じないていどにてください。

 

膝から足首にむけて進めます。

そのあとで手のひらかこぶしを作って右回りでほぐします。

足首の緩め方

 

足首はふくらはぎとつながっています。

ふくらはぎから緩めます。

注意して欲しいのが、かかとの骨を触らないでください。

一度痛みをだすと取れるまで相当日数がかかります。

 

やり方

手を握り小側の硬い所(直上の写真白丸内)を使います。

椅子にこしかけて台に足をのせておこないます。

 

手首でアキレス腱を押さえます。

そのままの力でゆっくり回します。

 

ぴい~っとふくらはぎに電気が走ることがありますツボにあたっていることがほとんどです。

心地よい刺激でそれ以上強くしなければむしろ後から軽くなります。

回数は1回に3~5分を目安にしてください。

【ダイエット】足のマッサージ効果を高める方法のまとめ

脚のダイエットをマッサージでおこなう方法を紹介しました。

足は足首から先のことで脚痩せは股関節から足先までの解釈でマッサージ法を紹介しました。

 

マッサージでのダイエット効果はサイズダウンです。

サイズダウンできるのが「脚のむくみ」と「筋肉のこり」で太くなった脚にはマッサージは有効です。

 

むやみやたらにマッサージをするよりも手順に沿っておこなう方が効率が良いので以下のようにまとめました。

マッサージの効果とは

 ・脚痩せへのマッサージ効果

 

脚の部分痩せのマッサージ法

 ・内太もも

 ・太ももの前後の厚み

 ・ふくらはぎ痩せ

 ・むこうずね痩せ

 ・足首をスリムにする

 

マッサージだけでは脚痩せは困難です。

むくみ対策とエクササイズを組み合わせてダイエットに取り入れてください。

スポンサードリンク



半額

コメントを残す