お風呂でダイエット効果を高める方法

お風呂ダイエットの効果を高めるには代表的な4つの作用を自分のライフスタイルに合った入り方をすることです。 その作用とは次の4つです。 1つ目は発汗を促す方法。 2つ目は冷え性対策として基礎代謝を上げて痩せる方法。 3つ目が過食の制限 4つ目がむくみ対策 しかしこれだけ作用があれば毎日お風呂に入る人は皆痩せているはず。 そうでないのは、湯船につかるだ

続きを読む

食べる順番ダイエットをやってみた

食べる順番ダイエットは、食物繊維から食べ始め汁物、タンパク質、最後に炭水化物を食べることで緩やかに血糖値が上昇するので太りにくくなるダイエット法。 糖尿病患者や血糖値が高い人、血管障害の予防に注目されています。40代以降の人は見直し必須です。 食べる順番を変えるだけなので誰もが簡単にできます。 しかし、ネット上では効果がないという声もありどの情報が本当なのか僕自信で実験し次

続きを読む

ランニングダイエット【急に足が痛くなった時の対処法】

ランニングダイエットで気を付けたいのは走っている時の脚の痛み。 痛むほどのことはなくても、引きつりそうなときがあったらそれは肉離れの前触れです。 ランナーの施術をしてきた経験から一番多いのが、「ふくらはぎ」あとは、足首からスネの筋肉、太ももの前、膝から内もも、股関節。など体の使い方で痛むところが違ってきます。 どこが痛くても、状態によってはダイエット計画も中断、もしくは動けな

続きを読む

ダイエット中のおやつはおしゃぶり昆布がおすすめ

おしゃぶり昆布は栄養価が高くおやつの置き換えダイエットができます。 夜間にお腹が空いた時、ポテトチップスやプリンを食べたくて我慢できなかったことはありませんか? 食べた翌日体重計の数値を見て「また太ってもた」と嘆いていなければよいのですが、嘆く前におやつの置き換えダイエットをオススメします。 個人差はありますが、1袋を3回で食べきれば1回約40円以下でダイ

続きを読む

ランニングダイエットとウォーキングで効果的に痩せるのはどっち?

ダイエットをしても結果が出ない。走ったら痩せるというけど続けられるか自信がない。 歩いて痩せるのは期間がながくなりそうでどちらがよいか決められない。と、思っていたら読み進めてください。 体験談をもとに、ウォーキングとランニングで どちらがダイエットに役立つのか?6つの視点で解説します。 ・体験談の結果から理想の運動法がわかりました。 ・走りたいけど

続きを読む

ウォーキングダイエット効果的な歩き方

ウォーキングダイエットで効果的な歩き方をすると食事制限をおこなわなくても痩せてきます。 しかし、1日に5キロ以上歩いても痩せない人。歩くほど太ももが太くなる人は体の重心バランスが崩れているのかもしれません。 働きながらや子育てをしながらだと、朝早く時間を作れないのが実情だと思います?そもそも時間と距離を歩かなければ痩せることができないのか疑問です。 体力的

続きを読む

ダイエット中の空腹対策を夜間・仕事中・休日別に紹介します

ダイエット中の空腹感を我慢するのは強いストレスです。 我慢しきれずにドカ食いをしてリバウドで太ってしまったことはないですか? 食欲が止まらないのは、強いストレスを受けた脳がそれを和らげるために命令をしているのです。 満腹感や甘いものを食べると脳は快感を覚え「嫌なこと」「辛いこと」を打ち消します。 これは本能だからどうしようもないのですが、対策としてはストレスを溜めこ

続きを読む

運動が苦手でも簡単にできる30代のダイエット法19選

仕事や子育て中のダイエットを次のような理由であきらめていませんか? ・体を動かすのが苦手 ・運動する元気がない ・時間がないから運動できない 仕事も子育ても身体を動かして疲れますがそれだけで痩せることはまずありません。 ストレスを感じるたびに甘いものが欲しくなり食べだすと止まらなくなり太るのです。 仕事や家事をしながらのダイエットは難しいとお考えかもし

続きを読む

ダイエットのリバウンド防止対策

ダイエットで食事制限をしていて、中途半端に終わってしまうと以前よりも太りやすく痩せにくい体に変わります。そこで「リバウンド」を防ぐダイエット法と対策としてのダイエット計画の立て方を紹介します。ダイエットでは程度の違いはありますが必ず食事制限をおこないます。問題は、思うように体重が落ちない時に必要以上に食べることを控えてしまうことです。 リバウンドとは、過度な食事制限や過剰な運

続きを読む

ドローイングダイエットは寝ながらできるダイエット法

お腹を引き締めダイエット効果があり誰もが簡単にできる運動がドローイングダイエット。場所もお金もかからないのでめんどくさがり屋さんでも取り入れやすいと言えるのがのが以下の5つの理由からです。 ・運動する時間を作らなくてもできる ・運動が苦手でもできる ・筋肉質になるのが嫌でもできる ・座りながらできる ・仕事中でもできる もちろんウォーキングしなが

続きを読む

スポンサードリンク