【顔の悩み相談9-2】片側の顔のたるみの解消法

顔の歪みは写真で見れば1つの現象です。

しかし、その原因はさまざまで
解消法が全く違う場合があります。

 

本記事は顔の悩み相談への
回答になりますが

 

歪みは筋肉が硬く、
たるみはその逆なので

混乱を避けるため
別々の記事で解説しています。

 

歪みに対してはこちらの記事をご覧ください。
→ 【顔の悩み相談9-1】顎の歪みを自分で矯正して治す方法

本記事の次項からは、たるみ対策を解説しています。

 

スポンサードリンク


 

片方の顔のたるみ対策

本記事の解消法は、
麻痺などがない場合に限ります。

 

本ケースは左だけが
全体的に
たるんでいるのが特徴的です。

 

たるみ対策は、左右同じですが
特に左に問題がある人は、
元気がない人に多いように思います。

 

伝統的な医学では、
左は体を活性化させる
働きが強いとされています。

 

そこがたるんでいるのは
不活発になっているとみなします。

 

そこで、全身を活性化
させるのに、手足を動かします。

 

順番が大事なので、
解説と同じように、
動かしてください。

【全身調整のやり方】

手足の動かし方が
気になりますが、

ご心配なく。

 

指をグーパーしたり
振ったり何をしてもかまいません。

 

1.左脚を動かす。

2.左腕を動かす。

3.右腕を動かす。

4.右脚を動かす。

1~4の順番に動かしてください。
体が温まって来るまで頑張りましょう。

 

次項からは、顔のケアになります。

ほうれい線対策

本ケースの場合、たるみがあるので、
口元のたるみケアからおこないます。

1.口のまわりの筋肉をほぐす
※指を上に移動させ、
外側から内側に
いれるように回す。
2.ほうれい線を軽く圧迫
押し方の解説

力加減を工夫してください。
頼りないほどの微弱な
力の方が効果的です。
しわに指を直接あてます。

静かに沈めて、ゆっくり離す。

 

スポンジの水分の
出し入れの原理です。

引き上げるときに
しわが浅くなると
イメージしてください。

リフトアップのためのエクササイズ

最初に口元を
ほぐしてあるので
このままエクササイズを始めます。
本ケースの場合、
口元のたるみはないのですが
リフトアップのためにおこないます。
①口角を横にひく
②口角を上に上げるイメージ
できなくても
続けていくと
顔に癖がつきます。
左右の口元、顎が揃うまで
根気よく続けましょう。

目のたるみ対策

目の下のたるみを取る方法は次の4つがあります。
★むくみ対策
★筋トレ・エクササイズ
・肌のたるみ
・手術
セルフケアで
取り扱うのは★印の2つ。
目がたるむと
むくみやすいので
先に対策をおこないます。

目の下のむくみ解消法

早くむくみを
解消したいのは
解りますが
強くすると組織の
ストレッチになり
伸びてしまい逆効果に
肌を軽く、さする
程度の強さで充分です。
赤ちゃんの肌を
触る強さです。
手順は簡単。
目頭から
目尻に向けてさする。
こめかみに流し

軽く回す。

リンパの流れが

耳の後ろから
首に流れます。
こめかみから
耳に流すように
回わしてください。

目元を引き締める筋トレ

上のイラストで
目の下の赤い点を
指で軽く押さえます。

 

眼輪筋を確認するには
指の横を使い軽く触れます。

 

そのまま瞼を開閉すると
動いている場所が眼輪筋です。
そのままで目を細めます。

 

視力が悪い方は
焦点を合わせる感じ。

 

そうでない方は、
モザイクを見るときに

目を細めると
なんとなく見えてくる感じ。

 

この動きを1度に30秒。
眼輪筋も疲れるとたれるので
やりすぎは注意しましょう。

まぶたのたるみ対策

本ケースでは眉の高さはさほど気にならないレベルということですが、まぶたもたるんでいる方のために追加しました。

 

 

眉に両手の指を充てます。

指はそのまま動かさないで
眉を上げます。

 

指はおでこにシワを
つくらないのに役立ちます。

【動画】顔半分の歪みとたるみの治し方

 

片方の顔のたるみケアのまとめ

顔の片側がたるんでいるのは体質的な元気不足が多い。

全身を活性させるため手足の運動からおこないます。

① 左足 

② 左手

③ 右手

④ 右足

①~④の順番を守って動かしてください。

顔の整え方
むくみがあればむくみ対策を先に行います。
顔全体のむくみ対策のあとに、各パーツの筋トレをおこないます。

顔の全体のむき身対策は
こちら→

本記事では、理解しやすいように各パーツごとに解説しています。

筋力をUPしてリフトアップ効果を高めるためです。

口元からリフトアップさせます。

ほうれい線の枝分かれ対策は次の2つの方法があります。

1.口元から~頬のリフトアップ

2.ほうれい線を薄くする

目元のたるみ対策
セルフケアでおこなう目元のたるみ対策はむくみと筋トレです。

むくみがあればむくみ対策からおこないます。

目元の筋トレの手順

①目の下を指の腹でおさえる。
②目を細める。

他に、指で目元と目尻を押える方法があります。
本記事で紹介したのはしわができにくい目元の筋トレです。

瞼と眉の高さが違う場合の整え方
おでこから後頭部につながる筋肉の筋トレから始めます。

①後頭部で両手を重ね首をガード。

②そのまま天井を向く

③脱力する。

次に、まぶたのリフトアップをおこないます。

①両眉に指を充てて動かさない。

②そのまま眉を上げる

③指でじゃまをする。

自分のたるみ具合でケアをおこなう場所や回数などは加減してください。

基本的には、たるみがある方を重点的におこないます。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



One Response to “【顔の悩み相談9-2】片側の顔のたるみの解消法”

コメントを残す