ほうれい線ケア50代の失敗しない方法を解説

youtube動画「50代のためのほうれい線対策」の解説をします。
時間をかけずに要点がわかります。

スポンサードリンク

50代では、ほうれい線とマリオネットラインがつながるのを防ぐのが10年先の見た目年齢の進行を防ぎます。

ほうれい線が伸びるのを防ぐ方法

ほうれい線が発達する原因の一つに一般的には指摘されていませんが筋肉の上下のアンバランスがあります。

顔の近医くのたるみを意識しがちですが使い方によっては逆効果になります。
次の写真を見比べるとその違いがわかりやすい。

驚いたような表情は、顔のストレッチでよく使われます。
しかし、この表情が長く続くと頬を下げる働きをします。

無意識に口元を開けていると頬を下げているのです。
頬がたるむと、マリオネットラインもできやすくなります。

口角を上げている口元はほうれい線が目立ちません。

ほうれい線が伸びるのを防ぐには、顔の筋トレよりも口元を引き締めることを優先してください。

ほうれい線を深くしないリフトアップ法

顔の筋トレを強くやりすぎてシワが深くなる場合もあります。
それを防ぐには、指でシワを作らないように押えながら顔の筋トレをおこないます。

コツは軽く、ゆっくり上の前歯を見せるように上げます。
強くすると口元にもシワができます。

強くする必要は全くありません。
失敗を防ぐには確実性を優先してください。

ほうれい線を深くしないエクササイズの手順

1.口元と頬に指を置く
2.上の前歯を全て見せるように口を開ける
※頬に置いた指が動くかチェック
3.口を開きます。(手順2の開け方)
4.指は動かしません。
5.シワができないように3回~5回繰り返す

朝・昼・夜の3回が理想です。

動画 50代で失敗しないほうれい線ケア

youtube 動画を紹介します。本記事はこの動画から重要なことを抜粋しています。
詳し事は動画を参考になさってください。

まとめ

50代のほうれい線ケアはマリオネットラインを防ぐことがあります。
そのために頬のリフトアップします。

無意識に口を開けている、口元がゆるむとストレッチされ頬を弛ませます。
普段は口を閉じていてください。

頬のリフトアップは、シワを作らないよう、指でサポートします。シワができないかチェックしながら運動してください。

One Response to “ほうれい線ケア50代の失敗しない方法を解説”

コメントを残す