ほうれい線のマッサージ効果を高める方法【40歳~50歳向け】

ほうれい線をマッサージで消す方法が紹介されています。
一般的に、頬とシワの部分にマッサージをおこないます。

しかし40歳~50歳代では筋肉がゆるみ弛んでしまうこともあります。

そこで頬の上下にある筋肉バランスを整えることで ほうれい線へのマッサージ効果を高める方法を紹介します。

スポンサードリンク

主な内容は次の3つです。

  • ヘッドマッサージでたるみ予防
  • ほうれい線へのマッサージ
  • 顔を軽くするマッサージ

ヘッドマッサージでほうれいせん対策

ヘッドマッサージがたるみに効果があるのか
その理由を簡単に説明します。

ほうれい線が長くなる原因の1つに
顎から口全体が弛みがあります。

それを防ぐには、顎から口全体を引き締めることです。
ここでは、顎のたるみ対策に集中します。

ご飯を食べるとき、こめかみが動きます。
これは、顎を閉じる筋肉の動きです。

手順
1.こめかみから耳の上を優しくマッサージします。
2.仕上げに肌の引き上げでリフトアップ効果も狙う

ほうれい線へのマッサージ

2つのマッサージを紹介します。
1つ目は一般的なマッサージのコツ
2つめは、シワを直接ケアする方法です。

多くのメディアでは、頬をげんこつで マッサージする方法が紹介されています。

強すぎるマッサージは逆にたるみの元になります。

指で刺激して動きは最小限にすると マッサージでの弛みを防ぐことができます。

指でマッサージをしても 痛みを伴うときは弛みやすいので 痛くない範囲でおこないます。

直接ほうれい線をマッサージ

シワの部分の皮下にも脂肪と水分があります。

ゆっくり押えることで表面に にじみ出させるイメージでマッサージをおこないます。

ゆっくりと優しく押さえます。
指をはなすときも、ゆっくり離します。

こうすることで、皮下の水分と 皮下脂肪の水分を肌ににじませシワの部分にふくらみを 取り戻す目的でおこないます。

顎のたるみケア

仕上げに行います。

二重顎になっていれば、むくみや皮下脂肪が溜まっています。

むくみを体に捨てることで顔を軽くしてたるみ予防を試みます。

手順
1.頬から顎に向け指でさする
2.顎と喉から耳の下へ集める
3.首から体に流す

マリオネットラインもできていれば
頬の下が膨らんでいます。

そこをつまんむことで むくみ対策になります。
あわせておこなってください。

動画 ほうれい線のマッサージを高める方法【40采~50歳】

まとめ

ホームページや雑誌で紹介されているほうれい線ケアで年齢に合った情報が少ない。

そこで顔の状態に合ったケアの方法を年代限定で紹介しました。

一般的にほうれい線と頬ををマッサージします。
頬へのマッサージが強いと、刺激で弛むことが多い。

そこで、指先で痛みを感じないマッサージをおこなうことで刺激によるたるみを予防する。

仕上げに顔のむくみケアで顔を軽くする

コメントを残す