ほうれい線とは

ほうれい線とは、年代・体質など自分にあった対処法を見つけ目立たないようにするシワのことです。 このページでは、年齢や原因別にあなたに最適なメンテナンス法を探すお手伝いをしています。

スポンサードリンク

60代~50代のほうれい線対策

この年代におけるケアの原則は、ほうれい線を目立たなくすることです。
そのために次の順番でケアを進めます。

1.むくみ対策
2.顔の運動

マッサージはむくみと皮下脂肪対策としておこないます。
年齢を重ねた方へのほうれい線対策が可能かどうかは、肌の状態で決まります。

肌のたるみがなければ、ほうれい線ケアに進んでください。 気になる肌のたるみの確認方法ですが次の手順で進めます。

・無表情のときに頬の肌を軽くつまみあげる。
・摘まんだ指をはなす。

スグに戻らない、摘まんだ指先の形に凹んだ場合。

上記の2つをこのサイトでは肌のたるみとします。
※解剖学的には肌と靭帯(じんたい)なども含まれます。

40代のほうれい線対策

40代のほうれい線は、運動不足・姿勢の悪さで起こります。
経年によるシワができ始めますが、いきなりほうれい線だけが深くなりません。

体力低下や姿勢の悪さで顔の表情筋が弛む。
笑い方がシワを深くする。

と、いったことが原因になるので、
姿勢、表情で悪化させないようにします。
その上で肌の保湿をする。

マッサージは 表情筋のバランスを整えます。

30代のほうれい線対策

この年代でほうれい線が深いのは主に次の3つの原因が考えられます。

・笑い方などによる頬の発達
・睡眠不足
・ストレートネックなどで顎が歪む

子育てをしているか、長時間のスマホやパソコン操作の有無で変わります。
下を向くと顎の位置も下がり頬からたるんできやすくなります。

ほうれい線を目立たなくする方法【全年齢共通】

むくみケアの手順
1.指を手櫛のように軽く開く
2.頬から下顎にむけて指先で軽くなでる

回数は頬の状態にもよりますが
1度に5~6回なでてください。

肌のトラブルが気になる方は
日本手ぬぐい・ガーゼタオルなどの上から
なでると肌を傷つけません。

今、使っているオイルや乳液で代用できます。

頬の皮下脂肪対策

頬骨とほうれい線までをつまんで皮下脂肪を代謝を促します。

皮下脂肪対策の手順
1.ほうれい線の部分を指先で軽くつまみ上げます。
2.つまんだまま、回す。

笑い方

リフトアップに役立つ笑い方は、口角を広げすぎない。
口角を、黒目か目頭に向けて笑う。

ほうれい線対策のまとめ

ほうれい線対策は、年齢・状態別に対策をする。
初めにむくみ等の処置を行う。
マッサージが有効の場合とそうでない場合がある。
リフトアップは笑い方を工夫する。

コメントを残す