老け顔になりやすい女性の特徴

 

年齢に関係なく老けて見られてしまうことがあります。落ち着いた雰囲気がある。信頼できる人に見られるのは悪い気はしないけどそんなことより老けて見られる不快な気分を解消したいですよね。
結論を先に言いますが老け顔は気にする必要はまったくありません。その理由は若いときは大人びた顔と言われても適齢期になれば老け顔と呼ばれるからです。他人の評価なんかその人の勘違いもあるので全く意味がありません。
それよりも本当の老化現象が実年齢よりも早く現れている時です。本記事では、ケアをおこないやすいように顔に現れる老化現象の順番にその原因を紹介しました。また顔以外に老けて見られる要因を合わせて紹介することで全体的な見た目の老化対策をおこなえるようにしています。
原因として顔のたるみやシワなどがリストアップされています。おしゃれやメイクが古臭いなど言われるのは大きなお世話です。老け顔かどうかは自分で鏡をみればすぐ判断できますが改めて再チェックすることで見た目年齢の老化を防ぐもの、和らげるものに分類できます。それが老け顔を改善するヒントになります。
メイクや服装はセンスの問題なのでここでは別問題として取り上げません。セルフケアをおこなうこと前提とした老け顔になりやすい女性の特徴を解説します。

あなたを老け顔にさせる8つの特徴

知っているかもしれませんが再確認のために目を通してください。年齢的に変化が出やすくなる順番に並べました。目元から始まり口元にお降りてくるころに全体的な老化が目立ってくるようです。
1.目元のシワが目立っている
2.目の下のクマで疲れているように見える
3.笑っていない時にほうれい線が目立ってきた
4.小シワが目立っている
5.肌の色がさえないたるんできた
6.シミが目立つ
7.髪にツヤがなくなった
8.痩せすぎといわれる
次はそれぞれの原因について解説します。

老け顔になる原因

これらの原因は体内の状態と環境の影響で進行します。原因を知って対処できると進行スピードをコントロールすることにつながります。

1.目元のシワが目立つのは

直接的な原因は肌のたるみです。20代から兆しが見えはじめ30代で本格的なシワになってくるケースが多い。笑うと目尻にシワができるので肉体的にはある程度仕方がないことですがそれを悪化させていると考えられるのが目の使い過ぎ。
目を使いすぎると目のまわりの筋肉が疲れてたるみやすくなります。スマホや仕事で同じところを見続けると同じ表情筋しか使わづに疲れを溜め込みやすくなっています。

2.目の下のクマ

目の下のクマは疲れた印象をうけます。それが元気がない→老化という見た目のイメージにつながるように思えます。茶いろいクマは、こすってできる色素沈着や血行不良・たるみでできるといわれています。
青いクマは冷え・睡眠不足・ホルモンバランス・目の疲れやストレスなど生活習慣の影響とされています。黒い色はたるみなどでできた影。他にも色は分類できますが生活習慣と使い方がそもそもの原因になっています。本質的な原因は疲れとストレスで、それに伴って起こる症状のためにクマができる構造だと思います。

3.笑っていない時にほうれい線が目立つのは

ほうれい線が老け顔に見えるのは深さもありますが、笑っていない時に目立っている時と口元まで伸びた時です。一般てきには40代になってから目立ってきます。
20代でわらった時にほうれい線がはっきりしているなら笑顔が似合う人が多いので線の有り無しで老け顔と判断できないと思います。また笑顔が素敵な人は頬の筋肉も発達するのでより深く見えますが僕個人としては気にするのはどうかと思います。むしろチャームポイントだという認識です。
30代で笑顔でないときにほうれい線が目立つのは頬の筋肉と肌がたるんでくるからと考えられています。笑っても口角が上がってない人に多いように思います。笑い方を変えると印象が変わりますが詳しくは後ほど解説します。次のページはシワが目立ち始める原因です。




コメントを残す