二重顎を短期間で解消したい!その方法を簡単に解説

春になるまでに首を細くしたい。
時間が少ないあなたのために短期間で
二重顎を目立たなくする方法を紹介します。

本来の二重顎解消期間

個人差はありますが二重顎を解消するには、毎日頑張って約1ヶ月~2ヶ月かかります。

これだけ時間をかけるのは、第一に顎の変化を安定させるためです。

もう一つの原因は顔への影響を考えると必要な時間なのです。

短期間で解消されるのはどのぐらいなのか

通常1~2ヶ月かけて再発を防ぐようにします。
短期間の目安は、1週間です。

個人差はあり皮下脂肪が多いほど

変化は少なくなります。

二重あご即効解消法

1週間で変化を出すには相応の努力は必要なことを理解して読み進めてください。

方法は以下の3ステップになります。

1.姿勢を整える
2.むくみ対策
3.エクササイズ

姿勢を整えるのは日常生活で取り入れていただきますのでここでは「むくみ対策」と「筋肉の引き締め」をしっかりおこないます。

姿勢を整える方法

ネット上ではストレートネックになれば太っていなくても二重顎になると言われています。

施術の現場では顎に力が入るクセがある人の方が圧倒的に二重顎になっています。

仮にストレートネックがよくなったとしても二重あごは解消されないままになります。

そもそもストレートネック自体即効で改善できないので実際には顎の調整の方が少ない時間で変化がでやすいのです。

あごの整え方

出っ歯でもないのに下の前歯が上の歯よりも後ろにずれている時に顎がダブつきます。顎を引いていると表現します。

このときエラが耳に近づいてあごの脂肪などがダブつくのです。

これを防ぐには、顎のまわりの筋肉をほぐすのと噛みしめるクセを解消します。

あごの緩め方

緩める前に歯をかみ合わせないでください。
口を閉じていても前歯はあわせないでください。
※強くすると後がいたくなり余計硬くなります。

手順は次のとおりです。

①筋肉を見つける。

②緩める。

③動きを確認する。

という流れになります。

やり方

①筋肉を見つけます。
頬に指先を当てたまま軽く噛みしめる。
※このとき動く筋肉を緩める

②筋肉の緩め方
1.親指と人差し指もしくは人差し指と中指で先ほどの筋肉を挟む。
2.指ではさんだまま前後に揺らす
※このとき歯は合わせない

③動きを確認
口を開けやすくなっていればよい。

別の筋肉を探して①~③を繰り返す。

噛みしめるクセの解消法

顎にちからが入るのは肉体的なストレスで起こることがほとんどです。

精神的なものとリンクしていますが短期間で変化を出すためにはこの際それは無視します。

わかりやすい例は猫背姿勢。
このとき自然と肩首に力が入ります。
同時に顎も噛みしめてしまうのです。

これが寝ている時に起こると歯ぎしりになると僕は考えています。

猫背姿勢が長くなると呼吸が浅くなります。
息苦しくなればさらに力が入ってしまうのです。

肉体的なストレスをためない方法

簡単にできるのは気がついてときに背筋を伸ばす。
ただ気が付かないことが多いので無理に姿勢のことは意識してください。

鏡やガラスに写る姿を見る度に背筋を伸ばしましょう。

ストレッチで発散する方法

猫背対策にもなりますが胸の筋肉を中心に伸ばします。
このとき背筋を伸ばして胸をはると呼吸が楽になるので効率よく発散できます。

止めるのが難しいのがスマホやパソコン操作。
仕事はどうしようもないのでプライベートでは短時間ですませましょう。

顔のむくみ対策

顔のむくみ対策で90秒で解消なるものがあります。

しかしその場しのぎの方法なので大切なイベントの最中にもとに戻る可能性があります。

即効で変化を出すなら早い変化よりも効率のよい対策を取り入れます。
それはからだのむくみ対策になります。

簡単に顎のむくみを解消するには顔のむくみを体に落とします。
循環してきますが余分な水分をおしっこで捨てる手助けをするのです。

顎を引き締めるエクササイズ

喉や顎の筋肉のエクササイズは過去にも紹介しました。
二重あごを筋トレで引き締める方法 
今回は短期間で引き締めるのに役立つエクササイズを紹介します。

ほとんどの引き締め運動は座っておこないますが、今から紹介する方法は寝転んでおこないます。

起床前におこなうことでお出かけするまでの時間的な即効性が出ます。

やり方
1.あおむけに寝ます。(おへそが天井に向く)

2.1方の足指にもう1方の踵(かかと)を当てたまま足指をそらしそれを邪魔する。

3.交互におこなう。

顎に手の甲をあててチェックすると変化がわかりやすいです。

二重顎を即効で解消法のまとめ

即効で解消しても戻りやすいので急な予定など時間がないときに役立つ方法を紹介します。

変化が速い方法もありますが、二重顎の解消法を効率良くおこなうことで即効性が期待できます。

顎関節を整える二重顎解消法は噛み癖対策でストレスを溜め込まないようにします。

肉体的なストレスは猫背姿勢が一番受けやすく長時間同じ姿勢をしている人ほど歯を食いしばりやすいのです。

背筋と胸を伸ばします。腕もストレッチしておきましょう。LINEの連絡や返信はなるべく絵文字など時間がかからないようにしましょう。

むくみ対策は顔のむくみを体に落とします。

背筋が伸びているなら首や胸の筋肉を緩めると落ちていきやすい。

顎を引き締めるエクササイズは起きる前におこなって時間を節約しましょう。

おへそを天井に向けて寝ます。

片方の足を抑えながら足の指をそらします。これを交互におこなってください。

Summary of eliminating method double chin with immediate effect

Even though it resolves quickly, it will be easier to return so I will show you how to help when there is no time such as a sudden schedule. There are methods that change quickly, but you can expect immediate effect by efficiently solving the double jaw. The double jaw dissection method to arrange the temporomandibular joint makes sure not to accumulate stress by chewing prevention measures.

Physical stress is the easiest to catch posture, and those who have the same posture for a long time are more likely to clench their teeth. Extend the spine and chest. Let’s stretch your arms. LINE ‘s contact and reply should be avoided as much as possible, such as emoticons.

Swelling countermeasures slows the swelling of your face. If the back muscles are stretching it is easy to fall off as you loosen your neck and chest muscles.

Let’s save time by exercising tightening your chin before you get up. I will go to sleep with the navel facing the ceiling. I will deflect one’s leg while defending your fingers. Please do this alternately.

Translate google

コメントを残す