瞼のむくみをマッサージでとる方法を解説

瞼のむくみをマッサージで目立たなくする方法を紹介しています。

むくみをとって目をぱっちりさせる方法がわかります。
効率の良いケアの方法が身に付きます。
40代から50代の方向けの内容です。

瞼のむくみを効率よくとる方法

まぶたのむくみをマッサージで効率よく目立たなくする手順を説明します。

【手順1】皮下脂肪対策
眉間や眉のお肉を指ではさむみ引っ張ったまま上下左右に動かす。

痛みがある場所は動きが悪くなっています。

ヒフに動きをつけます。
多少痛くてもしっかり動かしてください。

注意して欲しいのは次の2つ
・眼を直接・まぶたの上から触らない。
・コンタクトレンズは外しておく。

Q.回数や長さは?
決まりまはりません。
皮ふが動きやすくなるのを目安にしてください。

【手順2】筋肉をほぐし目を開きやすくするマッサージ

新陳代謝UPでまぶたが開きやすく、効果が長持ちします。
事前に鏡で目のまわりをチェックしてください。

後頭部に手を当てたまま手のひらを上にスライドさせるようにしてください。

同時に顔を上に向けることでにある筋肉を鍛えます。

この筋肉の膜が縮むことで筋力を出しやすい状態になります

瞼のリフトアップトレーニング

まぶたのリフトアップ力をつけるトレーニングです。
① 目線を少し上に向けます。

② 眉を小指でしっかりおさえます。
※直接トレーニングに関わるので動かないように。

③ 額に皺ができないように予防します。

④ 目を閉じようとしてください。

Q.どのぐらいでかわりますか?
A.個人差はありますがその場で変わることが多いです。
 事前に目の印象をチェックしておきましょう。

マッサージでまぶたの脂肪を燃焼させやすくする方法

脂肪に対しては、皮フのすぐ下の柔らかいところだけを
つまみます。

摘んでいくと暖かく感じてきます。

同じところを繰り返し摘んでいくと
指先に感じる温度が上がってくるのが
わかると思います。

効果的におこなうコツ
・長く撮む方がわかりやすくなります。
・少し痛みを感じる強さでつまみます。
・発赤や痒みが出ない範囲でおこないます。

こまめに様子を見ながらつまんでください。

動画で学ぶマッサージケア

まとめ
むくみケアだけでは効果はすぐに戻りやすい。
皮下脂肪・筋肉をほぐし動きをつけます。
たるみケアは、まぶたより先に頭と額の運動からおこなう。
目のまわりの印象を全体的にスッキリさせます。

コメントを残す